logo

気分や季節に合わせて「ラベル屋さん」で作れるスマートフォン向けスキンシール「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」販売開始

スリーエム ジャパン株式会社 2017年06月20日 14時30分
From PR TIMES

~気分に合わせて、スマホを着せ替えよう。~

 スリーエムジャパン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:デニース・ラザフォード)が展開するエーワン ブランドは2017年7月3日(月)、スマートフォンを自分好みのデザインに着せ替えできる「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」を発売します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

 同商品は、無料ソフト「ラベル屋さん9」を使用し、自分のお気に入りの写真やデザインを家庭のプリンターで印刷して手作りできる、スマートフォン用の貼ってはがせるシールです。スマートフォン利用者の約8割はカバーを装着していますが(※注1)、カバーを付ける理由として、特に20~30代では「ファッション性」、「自分らしさ」を重視する傾向があります。(※注2)また、カバーを装着することで生じる厚みに不満を感じている人ほど、オリジナリティを出したい傾向があります。(※注3)

 今回発売する「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」は、スマートフォンの厚みをできるだけ持たせずに、気分や季節に合わせて着せ替えすることができます。また「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」は3Mが培ってきた粘着剤技術を生かし、位置を合わせやすく、空気が抜けやすい仕様になっており、スマートフォンにきれいに貼り付けることができます。

※注1 株式会社ネオマーケティング調べ
※注2:マーシュー株式会社調べ
※注3 自社アンケート調べ(n=216)


【商品特徴】
季節や気分に合わせてデザインを着せ替えできる
パソコンの無料専用ソフト「ラベル屋さん9」を使って、家庭のプリンターで出力するだけで、自分だけのスマホ用のシールを作れるので、「スマートフォンカバーがほしい、替えたい」と思ったときに着せ替えが簡単に可能です。
スマートフォンの薄さを生かす、厚みのないシール
カバーを装着している人の中でも、近年スマートフォンが薄型化している背景もありカバーをつけた際の「厚み」に不満を感じている人は少なくありません。「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」はカバーで生まれていた厚みをなくしかさばりません。
3Mの接着・接合技術を活用した、貼りやすいシール素材
粘着剤層の表面にある微小なガラスビーズによってフィルムの位置決めがかんたんにできる「3M™ コントロールタック™ 粘着剤」の技術と、「3M™ コンプライ™ 粘着剤」の空気が抜けやすい機構によってスマートフォンにきれいに貼ることができます。

【商品概要】

[画像3: リンク ]


【期間限定の特別デザインテンプレート】
7月に6人のアーティスト(木原庸佐氏・森チャック氏・ムカイタケシ氏・キタイシンイチロウ氏・絵子猫氏・カマキリ氏)による、ラベル屋さんの限定テンプレートを7月1日より配信を開始します。2ヶ月ごとにリレー形式でアーティストの限定テンプレートが追加されていきます。この限定テンプレートは新製品の「エーワン かんたん手作りスマホスキンシール」をはじめ、エーワンブランド製品の多くに使用できます。

※本製品はスリーエム ジャパン株式会社のオリジナル商品であり、Apple Inc. のライセンス商品ではありません。
※iPhone は米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。
※3M、A-one、エーワン、ラベル屋さん、コンプライ、コントロールタックは、3M社の商標です。

【3Mについて】
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は300億ドルで、9万人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3M/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについてはwww.mmm.co.jpをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。