logo

琉球インタラクティブ、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」を展開

琉球インタラクティブ株式会社 2017年06月20日 11時00分
From DreamNews

~ゆいレール主要駅に大型サイネージを導入し、幅広い年代の利用客に対する的確なプロモーションをサポート~

沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」の展開をスタート。大型モニターと冊子ラックが一体になったデジタルサイネージをゆいレール主要駅に導入し、各種広告の取り扱いを本日2017年6月20日(火)より開始します。

デジタルアドビジョンは、65インチ出力モニターとA4サイズの冊子ラックが一体になったデジタルサイネージです。モニター内では広告コンテンツを中心に、現在時刻や天気予報、ゆいレールの発車案内など、利用者・事業者の双方に利便性が高い情報を配信しています。

サイネージは、利用者が比較的多く増加傾向にある「那覇空港駅」、「旭橋駅」、「県庁前駅」、「おもろまち駅」各駅構内の改札口付近に設置。観光客だけではなく、通勤・通学・買い物など1日20,000人以上*になる、ゆいレールを日常的に利用する幅広い年代のターゲット層に対し、利用シーズンや状況に応じた的確なプロモーション・マーケティングを可能にします。
*1日平均利用者4駅合計:21,522人(平成29年度駅別乗車数より算出)

琉球インタラクティブは今後も導入駅の拡充を目指すとともに、ゆいレール利用者にとって価値のあるコンテンツを多数配信し、沖縄の新たな広告形態としての確立を図ります。

デジタルアドビジョンについて詳細は、以下のページをご覧ください。
リンク

■デジタルアドビジョンの概要
・モニター:65インチ出力モニター
・ラック:A4サイズ、正面20枠
・設置駅:那覇空港駅、旭橋駅、県庁前駅、おもろまち駅
・料金:120,000円(税抜)/月~
・枠数:最大40枠
・配信時間:6:00~23:30

■デジタルアドビジョンの設置イメージ(写真:おもろまち駅)

■琉球インタラクティブについて
琉球インタラクティブ株式会社は、沖縄発のインターネットベンチャー企業です。「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げ、マーケティング、クリエイティブ、テクノロジーの3つの強みを活かすことで、インターネットサービス事業や次世代人材育成事業をはじめ、積極的に新規事業を創造し、幅広い分野で事業展開を行っています。
代表取締役社長 臼井 隆秀
所在地     沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
設立年月日   2009年2月5日
URL      リンク

<本情報のお問い合わせ>
琉球インタラクティブ株式会社(リンク
広報担当:加藤 英明
Tel: 098-988-1572 Fax: 098-988-1573 pr@ryukyu-i.co.jp






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。