SK-IIアンバサダー・有村架純さん、桃井かおりさん初共演!「最近肌がいい感じ」新人・有村架純へ、ベテラン・桃井かおり「未来、ずっと綺麗よ」

P&Gプレステージ合同会社 SK-II 2017年06月19日 17時55分
From PR TIMES

新CM 『有村架純 × 桃井かおり - クリアな素肌の人生へ | SK-II』 2017年6月26日(月)より全国でオンエア開始



SK-IIは、有村架純さんと桃井かおりさんが出演する新CM「有村架純 × 桃井かおり - クリアな素肌の人生へ | SK-II」を、2017年6月26日(月)より、全国で放映開始いたします。

今回の新CMでは、SK-IIアンバサダー2年目の有村架純さんと、アンバサダー23年目を迎える桃井かおりさんが初共演。「SK-II新人」の有村さんへ、自らを「SK-IIのベテラン」と称し、圧倒的な美肌を持つ桃井さんが「信じなさい」「未来ずっと綺麗よ」と力強く語ります。
[画像: リンク ]


アンバサダーになってSK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスを使い始め、「最近、肌がいい感じ」と語る有村さん。そんな彼女に、「私はずーっといい感じ」と語る先輩の桃井さんは「信じなさい」と言いながらSK-IIを渡します。その力強い言葉から伺えるのは、20年以上真剣にスキンケアを続けてきた桃井さんならではの自信。

そして「未来、ずっと綺麗よ」という先輩からの言葉を聞いた有村さんは、輝く笑顔で「早くおいでよ」と視聴者をクリアな素肌の未来へと誘います。

美肌を力に「20代で出会ってよかった」と喜びを語る有村さんと、人生さえも「どんどん自由になっていく」と語る桃井さんの生き生きとした表情、そしてすっきりと洗練された空間で輝く二人のクリアな素肌に注目しながら、是非ご覧ください。
[動画: リンク ]



■CM概要
CM対象商品 : SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス
CMタイトル : 「有村架純 × 桃井かおり - クリアな素肌の人生へ | SK-II」
CM放送開始 : 2017年6月26日(月)~
CM放送エリア : 全国
※本CMはYouTubeでもご覧いただけます。
リンク (30秒版)
リンク (15秒版)

■有村架純さん プロフィール
1993年兵庫県生まれ。2013年連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK) にて、主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博す。2015年に主演映画「ビリギャル」にて、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞、優秀主演女優賞をダブル受賞(2016年)。第58回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞(2015年度)。その後2016年、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系列)、映画「僕だけがいない街」、「アイアムアヒーロー」、「夏美のホタル」に出演し、「第67回NHK紅白歌合戦」にて紅組の司会を務めた。
さらに2017年は、NHK連続ドラマ小説「ひよっこ」(ヒロイン)が4月よりスタート。映画「3月のライオン」(前編:3月18日公開、後編:4月22日公開)、「関ヶ原」(8月26日公開)、「ナラタージュ」(10月7日公開)と話題作の公開を控えている。

有村架純さんは約2年前よりSK-IIを使用されており、2016年2月からSK-IIのアンバサダーを務めています。

■桃井かおりさん プロフィール
60本以上の日本映画に出演し、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、キネマ旬報賞などで各主演女優賞及び助演女優賞など女優として最多受賞女優。その後、山田洋次監督「幸福の黄色いハンカチ」、黒澤明監督「影武者」、今村昌平監督「ええじゃないか」、三池崇史監督「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」などにも出演。2005年からはロブ マーシャル監督の 「SAYURI」、アレキサンダー ソクーロフ監督の「太陽」、マリス マーティソン監督の「AMAYA」などで海外でも注目を浴びる。
2007年には、初監督作品「無花果の顔」で11の国際映画祭に正式に招待され、ベルリン国際映画祭NETPACK賞他、各国で5つの賞を受賞、監督としての評価も高い。2008年、紫綬褒章を受賞。ラトビアのリガ文化大使、女子美術大学客員教授。現在はロサンゼルスに拠点を移し、ドイツやラトビア、メキシコなど、活動の幅を広げている。

桃井かおりさんは30年近くSK-IIを使用されており、1994年からSK-IIのアンバサダーを務めています。

SK-IIのブランドアンバサダーは、SK-IIの製品を実際にご愛用いただいている方にお願いをしています。

《撮影秘話》
■有村さんが圧倒された桃井さんの肌の美しさ
有村さんは撮影中に、桃井さんの説得力のあるツヤやハリ、潤いに驚いたそう。CM内の桃井さんの「ずーっと綺麗よ」という台詞にも気持ちがこもっており、「65歳までは、絶対に大丈夫」と力強い言葉をいただけたと言います。肌に自信がつくことで上を向いて歩くことができ、「自由とはこういうことか」と実感したそうです。

■監督も納得の肌コンディション
SK-IIのCMに出演するのは今日で4回目となる有村さんですが、撮影のたびに肌のコンディションが良くなっていることに監督もびっくり。その言葉を聞いた有村さんも「周りの人に言ってもらえると、将来に対する明るい気持ちがもてます」と、嬉しそうに語ってくれました。桃井さんも、今回のCMは「新しくなった感じがした」と自信をみせてくれました。

■「ベテラン」と「新人」はお肌に続き俳優業まで
有村さんは今回、「先輩についていきます」という内容のCMに合わせ、実際の撮影でも桃井さんについていくことを決めたそう。もともと人と人の壁を感じさせないだろうというフランクなイメージがあった桃井さんは、撮影現場でも色々教えてくれて「引っ張ってくれた」と言います。

また、桃井さんにロサンゼルスでの生活や海外と日本の俳優業の違いのお話も聞けたそうです。お肌だけでなく俳優業においても、あらゆる知識や経験を全部表現していた桃井さんにとても刺激を受けたと嬉しそうに語っていました。

《スタッフリスト》
Adveriser :プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
Agency :ビーコンコミュニケーションズ株式会社
Creative Director :石原 和
Copy Writer :榎本 賢治
Art Director :竹内 理恵
Producer :久保田 留美 / 土谷 惠子
Account Executive :黄木 紀子 / 日吉 良子
Talent :桃井 かおり / 有村 架純

制作会社 :TYO CampKAZ
プロデューサー :木澤 毅治(TYO Camp KAZ)
監督 :吉村 瞳(TYO CampKAZ)
撮影 :半沢 健(GRASSLOFT)
特機 :鵜沢 英樹(SPEED BALL MOTORS)
照明 :加藤 正夫(NEWS)
美術 :河野 博
衣装(桃井さん) :伊藤 佐智子(BRUCKE)
ヘア / メイク(桃井さん) :稲垣 亮弐(マロンブランド)
衣装(有村さん) :平野 真智子(NOMA)
ヘア / メイク(有村さん) :佐藤 寛(KOHL)
音楽 :鮫島 充(P-CAMP)
編集(Offline) :渡邉 宏子
編集(Online) :帆足 誠(IMAGICA)
カラリスト :亀井 嘉郎(SONY PCL)
MA :原 俊宏(IMAGICA)
PM :水田 聖平 / 古屋 奏一朗 / 近藤弘樹(TYO Camp KAZ)?

■SK-IIのブランドメッセージ「運命を、変えよう。~#changedestiny~」
多くの女性は、「運命は変えられない」「自分はこういう運命なんだ」「人生なんてそう簡単に変えることはできない」と思っていらっしゃいます。しかし、SK-IIは誕生して37年の間で、女性たちが肌を変え、自信を持ち、人生を変えてきた姿を見てきました。だからこそ、決められた運命はない、運命は変えることができると信じ、多くの女性たちが勇気を持って、運命を変えていくことを応援、サポートしてまいります。

■SK-IIとは
1980年に日本で生まれた高級スキン ケア ブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けています。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分ピテラTM*を全製品に配合。現在も売上げの一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くのお客様からの信頼によって支えられています。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキン ケア ブランドへと成長。2017年、SK-IIはブランド誕生37年目を迎えました。

■商品情報
商品名:SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス
価格:75mL ¥8,500(税抜)
160mL ¥17,000(税抜)
230mL ¥22,000(税抜)

透明感あふれるクリアな素肌へ導くエッセンス。特別な酵母の、独自の発酵から生まれたSK-II独自のスキンケア成分・ピテラTM*でほとんどができている稀少なエッセンス。肌本来の働きを整えるとともに、しっとりとした潤いをたっぷりと補充。一人一人の肌悩みに応え、乾燥をケアし、ツヤ・ハリを与え、肌を明るくキメを整えます。*ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事