logo

VMware 海外動向 > 第19回 クラウドへの道のりが、❝フォースと共にあらんことを❞

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第19回 クラウドへの道のりが、❝フォースと共にあらんことを❞ 」を公開しました。

###

こんにちはー。今回も海外のVMware関連のコラムを意訳してご紹介します。VMwareの海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

※今回の記事は5月4日がメイ・フォース(4th)だったので、フォースというタイトルになっています。

###

世の中の組織が社内インフラを拡張し、データセンターを統合・移行し、動的な機能要件をサポートするためにパブリック・クラウドを広く使用するにともない、パブリック・クラウドは日の目を浴びるようになりました。

しかし、いまだに多くの組織ではアプリケーションの実行や社内データの管理をデータセンターやプライベート・クラウドで行っており、今後もそれが続くと思われます。これはインフラへのハイブリッド・アプローチを活用する絶好の機会です。新旧のアプリケーションとサービス両方をサポートし、セキュリティとコンプライアンスの要件を満たし、超スピードでワークロードをどこで実行するかを選択できる、そのようなアプローチを取ることができます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事