logo

レーザーマーカーの機能を拡充し、機械要素技術展に出展

ブラザー工業株式会社(社長:小池利和)は、産業用印刷領域の新規事業製品第1弾としてレーザーマーカー「LM-2500」を昨年7月に発売、今年1月には外部制御オプションなどの提供も開始した。これらの製品による印字を実際に見てもらうため、6月21日(水)から開催される機械要素技術展に出展する。今回のブラザーブース目標来訪者数は1000人。製品展示に加え個別商談も行われる。金属・樹脂加工業界に向けて最適なソリューションが提案されるので、ブラザーブースへ足を運んでみてはいかがだろうか?



■展示会情報
名称 :機械要素技術展
※イベントの詳しい情報は以下のウェブサイトをご覧ください。
リンク
会期:2017年6月21日(水)~23日(金) 10:00~18:00(23日のみ17:00まで)
展示場所:東京ビッグサイト 東展示棟5ホール E67-8

■機械要素技術展で展示される製品
1.LM-2500
短パルス・高ピークパワーのYAGレーザーで、高精細な印字が可能な標準モデルおよびオプションモデル
[画像1: リンク ]

※レーザーマーカー LM-2500 製品ページはこちら
リンク
[画像2: リンク ]



素材:電磁鋼板
印字内容:生産情報


[画像3: リンク ]

素材:黄銅
印字内容:QRコード

2.連続印字などが可能な外部制御装置オプション
LM-2500本体と制御用パソコン、そしてPLC※1を組み合わせて生産ラインに設置し、ラインで流れている加工物に合わせてあらかじめ印字プログラムを設定、外部制御により自動で連続印字が可能なため、工場における生産性向上に貢献する。
[画像4: リンク ]

3.ファイバーレーザーによる高出力モデル(参考出品)
ラインに組み込み、高速で深掘り印字が可能なモデル。

4.コンパクトモデル(参考出品)
狭い生産ラインでも設置しやすいようにコントロールボックスと印字ヘッドを一体化、標準モデルよりサイズがコンパクトになったモデル。


※1・・・Programmable Logic Controller。工場などで使用され、機械を決められた順序で動作させる制御装置。


<お客様 お問い合わせ先>
ブラザー工業株式会社 産業用印刷準事業 産業システム営業推進部 岡田
TEL/FAX:052-824-3106  E-mail: lm-contact@brother.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事