logo

『JET STREAM』放送開始記念日に2時間のスペシャルフライト 7月3日(月)23:00~24:55特別番組『JET STREAM-50th Anniversary Special-』

TOKYO FM 2017年06月16日 16時52分
From PR TIMES

23:00~ 「Road to 50th Flight~飛び続ける翼~」 24:00~ 「Fly to The Future~大空の間奏曲~」

TOKYO FMをはじめとするJFN38局で放送中の『JET STREAM』(月-金 24時~24時55分)では、2017年7月3日(月)にFM史上最長となる番組放送開始50周年を迎えます。これを記念して当日は放送を1時間拡大して23時から『JET STREAM-50th Anniversary Special-』を放送します。
さらに、この日は朝のワイド番組『クロノス』から『Skyrocket Company』 までの全6番組で「旅」をテーマに放送、『JET STREAM』の原点である「音楽による旅への誘い」を体験できる企画満載でお届けします。7月3日(月)の放送を、どうぞお楽しみに。




◆『JET STREAM』50年の歴史紐解く…古澤巌、小沼ようすけらワールドミュージック生演奏
[画像1: リンク ]

『JET STREAM』放送開始50周年の記念日である7月3日(月)は、通常の放送時間を1時間拡大して23時から『JET STREAM-50th Anniversary Special-』を放送します。
23時台は『Road to 50th Flight~飛び続ける翼~』。1967年7月3日に番組放送を開始した「JET STREAM」の50年間のクロニクル。日本の海外旅行者数は僅かに26万人足らずだった1967年当時、海外旅行は人々の遥かな遠い夢でした。まだFM放送も本格スタートする前夜、ラジオの前のリスナーを夜間飛行へ案内していたのが初代機長・城達也氏でした。彼の初期の語り口が聴ける貴重な同録音源も放送しながら、「JET STREAM」の視座から、この50年間の世界の移ろいを振り返っていきます。
24時台は、TOKYO FMスタジオイリスから、機長・大沢たかおのナビゲートと豪華アーティストのLIVEで世界の今を巡る特別番組『Fly To The Future~大空の間奏曲~』を生放送でお届けします。出演するのは、ヴァイオリニスト・古澤巌、ギタリスト・小沼ようすけ、音楽プロデューサー・関口シンゴ、キーボーディスト・BIGYUKIら。
世界で活躍する新進気鋭の日本人アーティストらが、新時代の『JET STREAM』を象徴するスペシャル・セッションで、「音楽」と「旅をすること」の素晴らしさを表現します。
さらに7月3日(月)は、TOKYO FMのワイド番組『クロノス』から『Skyrocket Company』までの全6ワイド番組で、『JET STREAM』の50周年をお祝いするスペシャル企画をお届けします。「旅」、「海外旅行」をキーワードに、『JET STREAM』 番組放送開始当初と今とを比べて「海外旅行」がどのように変わったのか、また最新の「旅」の楽しみ方にいたるまで幅広く楽しめる企画満載でお届けします。7月3日(月)の放送を、どうぞお楽しみに。

レギュラー番組『JET STREAM』概要
[画像2: リンク ]

【放送日時】 毎週月曜日~金曜日 24:00~24:55
【放送エリア】 TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット
【パーソナリティ】 大沢たかお
【内 容】 TOKYO FM(1970年4月26日開局)の前身「FM東海」時代の1967年7月3から放送を開始したFM界の長寿番組。良質な音楽と、旅をめぐる新たなイマジネーションを喚起させる世界を提供し、深夜にラジオを楽しむ、想像力に富んだ多くの大人のリスナーを楽しませている。
【番組WEBサイト】 リンク

参考資料

■『JET STREAM』の歴史
TOKYO FM(1970年4月26日開局)の前身で、東海大学が行っていた実用化試験放送局「FM東海」時代の1967年から放送している長寿番組。旅と音楽を柱とした深夜のリラクゼーション・プログラムをコンセプトに、番組提供社のJALとともにラジオ界の歴史を創ってきた。パーソナリティは初代が城達也(故人)。1967年7月3日から1994年12月30日まで担当、出演回数は7387回をかぞえる。2代目は小野田英一で、1995年1月2日から2000年3月31日まで担当した。2000年4月3日(月)からは、30年ぶりに番組内容の全面改訂を実施、新番組名は「ラブサウンズ・オン・ジェットストリーム」。リスナーに旅の感動と楽しさを提供する新しいエンタテインメント・プログラムとして新たなスタートを切った。パーソナリティは森田真奈美。そして2002年10月1日、原点回帰のコンセプトに立ち返り、「言葉」と「声」で旅のドラマを表現する音像番組として再スタート。伊武雅刀が機長をつとめる。2004年11月25日(木)、通算放送回数1万回目を迎えた。2009年4月からは機長に大沢たかおが着任。2010年9月には『JET STREAM』の世界観をそのままに、情感あふれるナレーションとオーケストラの生演奏が融合するプレミアムコンサート「JET STREAMコンサート」の第1回が開催。以降、ほぼ毎年開催されている。

■毎週金曜放送「私のサウンドグラフィティ」選曲担当アーティスト
「午前零時のナイトフライト」―世界の街の様子と、旅情を誘うナレーション、音楽とともにリスナーをイマジネーションの旅へと誘う『JET STREAM』。ラジオの中で、まるでフライト中の機内エンタテインメントを楽しむように、心地よい音楽をセレクトしてお届けしている人気コーナー「サウンド・グラフィティ」が、毎週金曜はスペシャルバージョン「私のサウンド・グラフィティ」となります。『JET STREAM』の持つ唯一無二の世界観と50年の歴史にリスペクトと共感を示した、日本の音楽界を牽引するアーティストや文化人、クリエイターが、『JET STREAM』の世界に寄り添った選曲を担当します。
4/7・14放送分:松任谷由実
4/21・28放送分:平井堅
5/5・12放送分:小野リサ
5/19・5/26放送分:平原綾香
6/2・6/9放送分:大貫妙子
6/16・6/23放送分:小林克也
※今後も続々予定しています!どうぞお楽しみに。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事