logo

チェック・ポイント、Check Point Infinityの次世代ファイアウォールがNSS Labsのテストで「Recommended (推奨)」の評価を獲得

ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピーター・ハレット、以下チェック・ポイント)は、セキュリティ製品のテストや研究を専門とする独立系の大手機関NSS Labsが実施した2017年の次世代ファイアウォール(NGFW)グループ・テストの「Recommended(推奨)」評価獲得を発表しました。NSS Labsテストでチェック・ポイントが「Recommend」評価を獲得するのは2011年から14回連続となります。



今回のテストにはCheck Point Infinityのソリューション「Check Point 15600 Next Generation Threat Prevention」が参加し、エクスプロイトのブロック率99.56%を達成しています。チェック・ポイントは、あらゆるネットワーク・セグメントで最も効果的かつ効率的なセキュリティの提供を目指しており、今回のNSS Labs NGFWテストの「Recommended」評価獲得により取組みの成果が実証されました。

チェック・ポイントの製品管理およびマーケティング担当バイスプレジデント、ガビ・ライシュ(Gabi Reish)は、「Check Point Infinityは、1つのセキュリティ・インフラストラクチャ導入だけで、自社ネットワーク、クラウド、モバイル等すべての保護を可能にする業界初のセキュリティ・アーキテクチャです。最新のテスト結果により、このアーキテクチャの有効性と効率性の高さが、複雑化するセキュリティ対策の課題に直面する企業のニーズに合致することが証明されました。あらゆるネットワークを保護する先進セキュリティソリューションを導入する当社のお客様の安心と納得につながります」と述べています。
[画像: リンク ]


2017年の次世代ファイアウォール・レポートにおけるチェック・ポイント製品の主な成績は次のとおりです。

● 近年の攻撃(2013~2016年)およびApple、
IBM、Oracleの脆弱性に対する保護: 100%

● Microsoftの脆弱性に対する保護: 99.9%、
Adobeの脆弱性に対する保護: 99.2%

● 保護対象の1MbpsあたりのTCO: 18ドル

NSSは、今回のNGFWテストを含め、包括的かつ厳正なセキュリティ・テストを実施する機関として知られています。主な評価項目として、6,600以上のエクスプロイトに対する防御率、10種のカテゴリに含まれる137の検出回避手法に対する防御率、およびパフォーマンス、キャパシティ、安定性、信頼性に関する複数の指標が含まれています。またトラフィック構成は実環境を想定した5つのパターンを使用しています。チェック・ポイントのソリューションは今回も業界をリードする企業であることを表す成績を上げ、数々の厳しいテストに耐えうることを実証しました。

「独立した第三者機関が実施する信頼性の高いテストへの参加は、当社にとって重要な投資です。当社の顧客や市場全体にとっても、利害関係のない第三者によるテスト結果はセキュリティのレベルを評価する貴重な判断材料となります。今回のテスト結果を含め、長期にわたって高いパフォーマンスを維持し、業界をリードする優れたセキュリティ機能を一貫して提供でき光栄です」とライシュは述べています。

NSS Labsの次世代ファイアウォール(NGFW)テストにおけるチェック・ポイントの詳細結果およびテスト・レポートは、リンクを参照ください。

■チェック・ポイントについて WELCOME TO THE FUTURE OF CYBER SECURITY
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ( www.checkpoint.com )は、あらゆる規模の組織に対応する世界トップクラスのセキュリティ・リーディング・カンパニーです。業界随一の検出率を誇る先進のセキュリティ対策により、お客様のネットワークをマルウェアなどの多岐にわたるサイバー攻撃から保護します。大規模ネットワークからモバイル・デバイスまでを保護する包括的なセキュリティ・アーキテクチャに加え、直感的で使いやすい総合的なセキュリティ管理ソリューションを提供しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社( リンク )は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。

プレスリリースURL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。