logo

LINEのチャット形式で資料請求・来店予約が完結できるBotサービス『LoBoT(ロボット)』の提供を開始

ピーシーフェーズ株式会社 2017年06月16日 11時00分
From PR TIMES

デジタルマーケティングを行うピーシーフェーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田和弘、以下ピーシーフェーズ)は、LINEのトークルームでエントリーフォーム入力が完結できるBotサービス『LoBoT(ロボット)』のサービス提供を開始致しました。



“エントリーフォームにもスマートフォンに最適な形式を”
『LoBoT(ロボット)』
リンク
[画像1: リンク ]



■『LoBoT(ロボット)』とは

LoBoTは、LINEのトークルームでフォーム入力を進めていく、新しい形のエントリーフォームです。ユーザーはLoBoTが投げかける質問にチャット形式で回答していくことでストレスなく入力が完了します。

ユーザーが使い慣れた、LINEのインターフェースで入力するため、資料請求や来店予約などのフォーム入力時の離脱を低減し、コンバージョンの向上効果が見込めます。

LoBoTは、ユーザーアクションを飛躍的に高める、スマホ時代の新しいエントリーフォームです。
[画像2: リンク ]

■LoBoTの主な特長

1.Bot対応による人的対応コストの低減
 Botによる自動応答の為、オペレーターによる人的対応リソースを割くことなく、
 ユーザーをスムーズに入力完了まで導きます。

2.簡単なシナリオ作成
 エントリーフォーム入力に必要な項目があらかじめ設定されており、
 必要な項目を選択し順序を決めるだけでお好みのシナリオを作成することができます。

<選択できる項目>
・店舗選択-位置情報送信、店舗候補表示、店舗選択
・氏名入力-フルネーム、ふりがな
・住所入力
・電話番号入力
・来店、来場の希望日時入力
・追加選択肢-3つまで(各5項目まで)

3.入力内容は即時連携
 LoBoTが取得した内容は、設定したメールアドレスや問合せデータベースへの直接連携が可能です。
 ユーザーがフォーム入力を完了した直後のホットなタイミングを逃さずコミュニケーションをとることができます。

4.幅広い利用シーン
 資料請求や来店予約はもちろん、キャンペーン応募など、今までWEBフォームを使っていた場面での利用が可能に。

■『LoBoT』開発の経緯
[画像3: リンク ]


1日に利用するデバイスの接触時間のなかで、スマートフォンの接触時間の割合が年々増加しており、スマートフォンでのコミュニケーションインターフェースはチャット形式が主流になりつつあります。
そんな中、企業のエントリーフォームもスマートフォンに最適化された形式が望まれますが、空欄に必要事項を入力するパソコンと同様のインターフェースを利用している企業がほとんどではないかと思います。

LoBoTはスマートフォンユーザーのほとんどが利用しているLINEのインターフェースをエントリーフォームに利用することで企業のエントリーフォーム改善、いわゆるEFOに劇的な改善が期待できます。

また、一部の企業ではなく、専門的な知識が無くても、安価に、誰もが気軽に導入いただけるBotサービスを目指しております。

■会社概要

商号  :ピーシーフェーズ株式会社
代表者 :代表取締役 吉田 和弘
所在地 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル6F
設立  :1998年10月
事業内容:デジタルマーケティング、アプリ開発
資本金 :190,620,000円
URL  :リンク

■本件に関するお問い合わせ先

企業名 :ピーシーフェーズ株式会社
TEL  :03-6418-1237
Fax  :03-6418-1248
Email  :info_lobot@pcp.co.jp
担当者 :城殿、中野

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事