logo

高島屋美術部創設110年記念 四代 田辺竹雲斎 襲名展 竹のインスタレーション「Connection」公開制作及び展示

株式会社高島屋 2017年06月16日 09時34分
From Digital PR Platform


高島屋美術部創設110年記念    
四代 田辺竹雲斎 襲名展

■6月28日(水)~7月3日(月)日本橋高島屋6階美術画廊

 竹のインスタレーション「Connection」
1階正面ホールにて全長5mのオブジェを公開制作及び展示

■6月21日(水)~6月27日(火)公開制作
■6月28日(水)~7月11日(火)展示

このたび高島屋では「高島屋美術部創設110年記念 四代 田辺竹雲斎 襲名展」を開催いたします。
明治時代に端を発する田辺竹雲斎氏。大阪府堺市で竹工芸の心と技を継承してきました。当代は幼少より竹を始め、東京藝術大学美術部彫刻科を卒業後、父・三代竹雲斎に師事し、2006年に田辺小竹を襲名。代々伝わる技法を継承した伝統工芸作品のほか、異分野の作家とのコラボレーション、竹のインスタレーションなどで、国内をはじめ海外でも広く活躍されています。
今年、2017年3月に四代田辺竹雲斎を襲名。襲名展では「伝統と挑戦」をテーマに、竹雲斎代々の技術を継承する伝統作品や、「伝統」×「テクノロジー」の融合により竹工芸の新たな可能性を模索するオブジェ作品など、さらなる高みを目指す四代田辺竹雲斎氏渾身の新作約80点を一堂に展観いたします。
 
個展に先立ち、6月21日(水)より1階正面ホールにて、虎皮の模様が入った虎斑竹(虎竹)を使用した全長5mの巨大な竹のインスタレーションを、1週間かけて公開制作いたします。完成した作品は、7月11日(火)までの2週間にわたって展示するとともにデモンストレーションも予定しています。

[イベントスケジュール]

【6階美術画廊】

<献花>・日時:6月28日(水)11:00
展覧会のオープニングに、四代竹雲斎氏の花籃「雲龍」を用い、花士・珠寶氏が会場で献花。神秘的な日本の美を捧げてくださいます。

<ギャラリートーク>
「四代 田辺竹雲斎×貝島佐和子」・日時:6月28日(水)14:00
シンガポールデザイン工科大学建築学部准教授の貝島佐和子氏とともに、アルゴリズムや3Dプリンタなどを使用し、テクノロジーと伝統工芸の融合に挑戦した「Disapper」シリーズの制作秘話をお話いただきます。                            
「四代 田辺竹雲斎×若宮隆志」・日時:7月2日(日)14:00
漆芸集団「彦十蒔絵」を主宰する漆芸家・若宮隆志氏。氏との長年の取り組みである竹と漆のコラボレーションを十二支で表現された、今回の展覧会のメイン作品・12点組の大作の見所を解説いたします。     「Disappear IV」約26.5×24×高さ52.5cm

【1階正面ホール】
<デモンストレーション>・日時:7月1日(土)11:00、14:00
四代竹雲斎の長女(8歳)と次女(6歳)によるデモンストレーションを、1階の竹のインスタレーション前で開催します。竹の種類の説明や、編み方などを披露されます。

【四代 田辺竹雲斎氏 略歴】 

1973年  大阪府堺市に三代竹雲斎の次男として生まれる
1999年  東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
帰郷後、父・三代竹雲斎に師事
2006年  田辺小竹を襲名
2010年  ドイツ・バイエルン賞受賞
2013年  第62回伊勢神宮式年遷宮において「葛編み花籃」を奉納
2015年  フランス迎賓館にて竹のインスタレーション制作
     タカシマヤ美術賞受賞                                 
2016年  フランス ギメ美術館にて、竹のインスタレーション制作
     第63回日本伝統工芸展・日本工芸会奨励賞受賞
2017年  四代田辺竹雲斎襲名

【お問合せ】 日本橋高島屋 TEL(03)3211-4111 (代表)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事