logo

愛知大学国際ビジネスセンターが7月6日に第13回ビジネスセミナー「ヨーロッパにおける日本食材普及の可能性 -- かつお節現地生産の経験から -- 」を開催

愛知大学 2017年06月16日 08時05分
From Digital PR Platform


愛知大学国際ビジネスセンター(名古屋市中村区)は7月6日(木)に、第13回ビジネスセミナー「ヨーロッパにおける日本食材普及の可能性―かつお節現地生産の経験から―」を開催する。講師には、欧州に進出しているかつお削り節の老舗・株式会社和田久(東京都江東区)の代表取締役社長の和田祐幸氏を招く。参加費無料、要事前申し込み。


 和田祐幸氏は中央大学在学中に米国との輸入業を開始した。その4 年後、鹿児島県枕崎市にかつお節加工会社を設立し、その後、株式会社和田久の事業を継承。2015年にはスペイン・ポンテベドラでかつお節一貫生産会社を起業した。
 現在は、Wadakyu Europe S.L(スペイン)代表取締役、Wadakyu Europe Sp. z o.o(ポーランド)代表取締役、株式会社和田久 代表取締役社長、有限会社鰹久工房(東京都江東区)代表取締役を務めている。
 これまで和田氏は、2015年5月22日放送の「ワールドビジネスサテライト」(ミラノ万博特集 第2弾 出汁が世界の食を変える!)、また、2016年8月8日放送「未来世紀ジパング」(世界で大人気の日本食に異変!?)に出演した経験がある。

 セミナーでは、かつお節を欧州に広めた和田氏の経験から、自身が考える欧州起業・進出の可能性と具体的な方法、さらに、欧州マーケットの概要を解説。講演終了後は、和田氏を囲んでのネットワーキング交流会も開催する。

◆ヨーロッパにおける日本食材普及の可能性―かつお節現地生産の経験から―
【日 時】 7月6日(木)14:00~16:00
【会 場】
 愛知大学名古屋校舎 講義棟 10階 L1004教室
 リンク
【定 員】 300 名
【参加費】無 料
※定員を超えた場合は、会場が変更になる場合がございます。変更につきましては、国際ビジネスセンターホームページに掲載させていただきます。あらかじめご了承ください。
【講 師】 和田祐幸氏
【プログラム】
 14: 00 ~ 14: 10 開会挨拶
 14: 10 ~ 15: 40 講 演 講師: 和田 祐幸 氏
 15: 40 ~ 16: 00 質疑応答
 16: 00 ~ 17: 00 講師を囲んでのネットワーキング交流会(10階L1001教室)
【申し込み方法】
 締め切り7月3日(月)必着。
・WEB: リンク
・FAX: 052-564-6223
(用紙ダウンロード)リンク
※申込みをもって受付とさせていただきます。
※電話、郵送、E-mail での受付は行っておりません。
【主 催】 愛知大学国際ビジネスセンター
【後 援】
 (公財)愛知大学教育研究支援財団、(独)日本貿易振興機構(JETRO)名古屋貿易情報センター、(独)中小企業基盤整備機構中部本部、(公財)あいち産業振興機構、愛知大学同窓会

▼本件に関する問い合わせ先
 愛知大学 国際ビジネスセンター(担当: 筒井)
 受付:月~金曜日 9:00~17:00(12:00~13:00 および祝日除く)
 〒453−8777 愛知県名古屋市中村区平池町4 丁目60 番6 愛知大学名古屋校舎厚生棟 3F
 TEL: 052-564-6123
 FAX: 052-564-6223
 E-mail: ibcseminar@ml.aichi-u.ac.jp
 リンク 

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。