logo

香港ハーバーシティがアジアの著名スタイリスト、マスター・シャオ・P・ペリー師を招待

Harbour City 2017年06月15日 14時39分
From 共同通信PRワイヤー

香港ハーバーシティがアジアの著名スタイリスト、マスター・シャオ・P・ペリー師を招待

AsiaNet 68931 (0894)

【香港2017年6月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*「美の王国」を探求、Sina Hong Kong(新浪香港)のライブストリームで2820万ビューの記録を達成

香港ハーバーシティ(Harbour City)は香港最大のショッピングモールで、1つの施設に300超の世界のビューティーブランドがある「美の王国」として有名だ。先月、ハーバーシティは「美のマジシャン」であるマスター・シャオ・P・ペリー師を香港に招き、最新のビューティーブランドと製品を共有した。ペリー師はソーシャルメディアで非常に有名で、2016年にはSina Microblog Beauty KOLs(新浪マイクロブログのビューティー関連主要オピニオンリーダー)で1位、同年にNewRank Beauty KOLs(NewRankのビューティー関連主要オピニオンリーダー)で1位、そしてやはり同年にChinese KOLs with the Most Business Value(最もビジネスバリューのある中国の主要オピニオンリーダー)で4位にランクされた。

Logo - リンク

Photo - リンク
キャプション:ソーシャルメディアで非常に有名なペリー師

5月25日、ペリー師は「マスター・シャオ・P師があなたと共に香港ハーバーシティを訪問」と題する動画のライブストリーミングを行って2820万のビューを集め、香港におけるSina Microblogのライブストリーム・ビュー数で新記録を打ち立てた。

▽視聴者の関心を引き付けるティーザー広告
ペリー師はライブストリーミングの前日、同氏のSina Microblogにティーザー広告として香港ハーバーシティでのデザート・テイスティングの写真と7文字のキャプションを掲示した。これが同氏の香港旅行に対するファンの注目を引き付け、フォローしたいという関心を生みだした。

Photo - リンク
キャプション:ペリー師のSina Microblogに掲載されたハーバーシティのデザートの写真

▽ライブストリームでは入念に選ばれた製品が登場
5月25日、ペリー師はYizhibo(一直播)で動画「マスター・シャオ・P師があなたと共に香港ハーバーシティを訪問」のライブストリーミングを行った。この90分間のライブストリームでペリー師はハーバーシティのオーシャンターミナル・メーンエントランスからレーンクロフォード、FACESS、3階の店舗その他のビューティーブランドにファンを案内した。中国本土のインターネットユーザーのアクセスのピークは夕食後であることから、ライブストリーミングは午後7時30分に開始された。

ペリー師はハーバーシティの6つのビューティーブランドと製品を特に薦めた。同氏が最初に紹介したのは中国本土のファンの間では有名なブランドのラ・メール(La Mer)で、次はフランスのシャンテカイユ(Chantecaille)を紹介した。さらにペリー師は米国の新ブランドで新しく香港で発売されたアワーグラス(Hourglass)をデモ。このブランドは歌手のマドンナがコンサートで使用している。

ペリー師は異なった顧客のニーズに応えるよう、いろいろな価格帯の製品も紹介した。例えば同氏はハーバーシティだけで販売されている米国ブランドのリップスティック・クイーン(Lipstick Queen)を強調し、最後は医療用スキンケアブランドのスキンシューティカルズ(SkinCeuticals)と、中国本土では販売されていないイスラエルのブランドSabonを紹介した。

ペリー師はビューティー製品の選択でファンに「リアルなショッピング体験」を提供し、ライブストリーミング中に視聴者からの質問に答えてファンの関心を引き付けることに成功した。

Photo - リンク
キャプション:ハーバーシティでのペリー師のYizhiboライブストリーミングのスクリーンショット

「マスター・シャオ・P師があなたと共に香港ハーバーシティを訪問」のライブストリーミング(リンク

▽クロスプラットフォームでのプロモーション
ペリー師のライブストリーミングは好評だったため、当日のYizhiboにおけるライブストリーミング・レコメンデーションの最上位になった。これにより、Sina Microblogとハーバーシティのプロモーションともあいまって、動画の人気が上昇した。

Photo - リンク
キャプション:Yizhiboプラットフォームのレコメンデーション、Sina Microblogとハーバーシティプラットフォームのプロモーション

▽旅行の後もファンとのエンゲージメントを継続
ペリー師は今回の旅行の後、インセンティブ付きの活動を行った。ファンにライブストリーミングをもう一度視聴することを促して質問に答え、ギフトが当たるチャンスを提供したのだ。このフォローアップ活動がさらなるエンゲージメントの波を引き起こし、インセンティブ主導の活動の後、積み重なった動画のビューは当初の2500万から2820万に急上昇した。

Photo - リンク
キャプション:ペリー師のSina Microblog

さらに、ペリー師は購入行動を刺激するために、クロスプラットフォームの影響力を使った可能性を活用した。同氏はWechatアカウントに掲示した2つのポストで、香港旅行中に見つけたブランドと製品の推薦をシェアしたのである。この2つのポストは約20万のビューを獲得し、他の多くのアカウントでもシェアされて、さらに広い範囲へのリーチを達成した。

Photo - リンク
キャプション:ペリー師のWeChatアカウントとStar Showプラットフォーム

Perry師のWeChat account(ポストその1)(リンク
Perry師のWeChat account(ポストその2)(リンク

▽メディア、ビューティー、ファッションブランド代表者との共有
ペリー師はメディア、ビューティーブランド、ファッションブランドからの何100人もの代表者との共有セミナーを開催した。同氏はビューティースタイリストになるプロセスを明らかにし、その場でフェーシャルマッサージ技術とビューティーのヒントを実演・提供し、「The Way of Achieving Your Dreams is Incomparable」(あなたの夢を実現する方法は比較できない)と題された最初の自伝を紹介した。この共有セミナーで、参加者は同氏の美の追求と人生哲学を一層理解した。

Photo - リンク
キャプション:ペリー師はメディア、ビューティーブランド、ファッションブランドからの何百人もの代表者との共有セミナーを開催

▽ペリー師のプロフィル
ペリー師はメディアで「美のマジシャン」として知られている。裏方から「ファッションのゴッドファザー」になった同氏は、アジアで最も熱い著名スタイリストで、ディー・スー(リトルS)、バービー・スー(Da S)、ビビアン・スーといった著名人ならびにその他の有名アーティストの専属スタイリストである。同氏は台湾の金鐘奨(Golden Bell Award)、金馬奨(Golden Horse Award)その他の有名な賞に何度もスタイリストとして参加している。Sina Microblogでは3600万のファンを持ち、WeChatは200万以上の一般からの関心を集め、ライブストリーミングでの最大のビュー数は2820万に達した。ファッション産業の起業家でもあり、P.StylE(プロスタイルのサロン)、Bright Eyelashes(アイラッシュとネールのブランド)、Hulls(スキン管理センター)、Park Space(カフェ)を設立した。中国で最初のオンラインファッション・ビューティーの週次プログラム#Magical Class#を創設。何1000もの動画プログラムを使って7年前に開始し、20億以上のビューを記録している。同氏はベストセラー作家でもある。この数年で8冊の本を執筆し、2017年4月に出版された最新刊は同氏の最初の自叙伝で題名は「The Way of Achieving Your Dreams is Incomparable」(あなたの夢を実現する方法は比較できない)。オンライン販売で、初月のセールスは5万部以上である。

▽ハーバーシティについて
香港の中心部に位置し、ビクトリアハーバーに隣接するハーバーシティは香港で最大のショッピング天国で、そこでしか入手できない多くのブランドを含め、300以上の世界的ビューティーブランドが集まっている。そこは香港最大の「美の王国」である。国際的に著名なファッションのフラッグシップ・ストアに加え、ハーバーシティには450超の店舗、50の飲食店、3つのホテルが集まっている。スターフェリー桟橋ともあいまって、ハーバーシティでは客船バース、海の歴史と素晴らしい港の景観が楽しめる。

ウエブサイト: www.harbourcity.com.hk
Sina Weibo: @ Hong Kong Harbour City
Micro letter ID: hkharbourcity

全ての写真ダウンロード: リンク

ソース:Harbour City

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。