logo

JAL、ビジネスデータの最適化およびマーケティング ROI 最大化のため Domo を採用

ドーモ株式会社 2017年06月15日 11時34分
From PR TIMES

~より効率的で効果的な意思決定を推進~

ビジネス最適化プラットフォームを提供するドーモ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川崎友和、以下Domo)は本日、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 植木義晴氏、以下 JAL)が、ビジネスデータの価値をリアルタイムに最大化および最適化することで、ブランド認知とマーケティングROI をともに向上させることを目的に、Domo を採用したことを発表しました。



ソーシャルメディアをはじめ、様々なチャネルを通してブランドマーケティング活動に積極的に取り組んでいる JAL は、Twitter、Facebook、Instagram などの SNS に加え、複数のソーシャルリスニングツールから抽出したデータをもとに、マーケティング活動による効果の把握が求められていました。しかし、複数の異なるチャネルのレポート統合は、手作業によるデータ収集やデータの整合性の確認に膨大な時間がかかるため大きな負担となり、ビジネスデータのリアルタイムな把握、活用の障壁となっていました。

Domo の導入は、こうした課題解決のために決定されました。JAL は、Domo を活用することで、ソーシャルマーケティング活動の ROI 測定とインパクト最大化に取り組みます。JAL の意思決定者は、あらゆるデータソースから抽出されるマーケティングデータの収集と統合を自動化することで、各ソーシャルマーケティングキャンペーンにおける複数の重要業績評価指標(KPI)を視覚化でき、効果的だったキャンペーンを特定することが可能になります。クラウド型ソリューションの Domo は、各ユーザーのニーズにあわせて柔軟にカスタマイズできるプラットフォームです。すべてのユーザーが、必要なデータをもとにしたリアルタイムの意思決定を行い、ビジネスパフォーマンスと活動結果の改善を図ることができます。

JAL のコーポレートブランド推進部 Web コミュニケーショングループの山名敏雄グループ長は「Domo は私たちのニーズを理解し、変化するビジネスニーズに対応できる最適なソリューションであり、私たちのミッションの実施に効率性と柔軟性をもたらしてくれます。Domo の活用により、ソーシャルマーケティング活動のROI を最大化するために必要なインサイトを取得できることに期待しています」と話しています。

Domo の代表取締役 川崎友和は「Domo の導入により、JAL のデータドリブン・マーケティングの推進とビジネスの最適化に貢献できることを嬉しく思います」と述べています。

リリースは、Domoウェブサイトでもご高覧ください。
リンク

###

Domo について
Domo は、CEO から現場の最前線で働く社員まで、すべての従業員が必要なデータに簡単にアクセスしてスピーディーな意思決定を行うことにより、業績向上を支援するクラウド型ビジネス最適化プラットフォームです。Domo はビジネスのニーズに合わせて柔軟にカスタマイズ可能なプラットフォームである Business Cloud 上に構築されており、意思決定者はリアルタイムに戦略的機会を把握し、アクションにつなげることができます。小売、メディア・エンターテイメント、製造、金融など業種を問わず Domo は世界中の成長企業で活用されています。世界有数の投資家も注目しており、2017 年4 月には 6 億 9000 万ドル超の資金調達を行いました。経営陣には世界的に有名なテクノロジー企業で経験を積んだメンバーが名を連ねています。
ウェブサイト:リンク
Twitter: リンク
Facebook: リンク
[画像: リンク ]

Domo、Domo Business Cloud、および The Business Cloud は Domo, Inc.の商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事