logo

電気モーターの性能を高速かつ正確に予測できる新しいソフトウェア、FluxMotorがリリース

設計プロセスの刷新によって開発効率向上を実現するプリデザインツール

Altairは、電気モーターのプリデザインに特化した専用プラットフォーム、FluxMotor™をリリースしたことを発表しました。Altair HyperWorks® CAE製品群では、すでに低周波電磁・熱シミュレーションの先進ソフトウェアであるFlux™が提供されていますが、FluxMotorでは、標準部品やカスタム部品から電気モーターを設計、作成できるだけでなく、直感的な設計環境で巻線や材料を追加して任意の試験を実行し、モーター性能を比較検討することが可能です。

当社の開発チームと共にFluxMotorの試験に携わった、SoftBank Robotics社のElectromagnetic EngineerであるGrégory Michaud氏は、「FluxMotorは、使い勝手のよい効率的なプリデザイン専用ツールです。電気モーター関連のあらゆる分野の設計者に適しています」と述べています。

FluxMotorでは、モーターの定義に加え、モーターの技術的、経済的な評価を数分で導き出すことができるため、電気モーター設計企業や電気モーターメーカーをはじめとする様々な企業にとって有益なツールです。また、FluxMotorの効率的な作業環境では、モーター性能を分かりやすく可視化し、高速かつ正確な計算を実行できます。HyperWorks製品群にラインナップされたFluxなどの有限要素解析ソフトウェアと接続すれば、マルチフィジックス最適化などのさらに高度な解析も実行可能です。


FluxMotorの主な特長:
・ダイナミックライブラリ: モーターモデル作成のための標準 / カスタムオプションを収録
・プロジェクトマネジメントの効率化:過去の解析への迅速なアクセスと、全製品の一元管理を実現
・高速計算: 有限要素モデリングの利点をスマートに活用して高速計算
・自動化されたワークフロー: 様々なレベルのユーザーにとって使いやすい作業環境

FluxMotorの機能:
・専用インターフェースを備えた設計環境では、1つ1つ手順をたどるだけで数分でモーター設計を完了可能
・4種類の巻線モードを利用して、正しい巻線構造を決定可能
・部品の可視化と選択に特化した部品ライブラリ。標準部品ライブラリをあらかじめ搭載
・標準部品、磁石、スロットを編集およびカスタマイズすることで、あらゆる構成を構築可能.
・網羅的かつ拡張可能な材料データベース
・自動化された標準試験と関連試験をあらかじめ用意
・モーターおよびプロジェクトを簡単に管理できるモーターカタログ環境により、モーターの分類と、過去の設計検討への迅速なアクセスを実現

AltairのProgram Manager for FluxMotorを務めるFabrice Marionは、「正確でありながら使い勝手のよいソフトウェアを目指しました。FluxMotorは、最小限の計算時間で正確な結果を導き出します」と述べています。

FluxMotorの詳細については、ウェブサイトリンクをご覧いただくか、6月12日午後11時(日本時間)に開催予定の紹介ウェビナー(英語)リンクにご登録ください。

用語解説

Altairについて
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、23ヵ国に67以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。