logo

追手門学院大学が名桜大学と連携協定を締結 -- 6月20日に締結式を開催

追手門学院大学 2017年06月15日 08時05分
From Digital PR Platform


追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:川原俊明)はこのたび、名桜大学(沖縄県名護市/学長:山里勝己)と連携協定を締結する。両大学はこれを機に、教職員および学生間の交流を促進し、それぞれの能力開発に生かしていく考え。締結に伴い、6月20日(火)に名桜大学で協定締結式を執り行う。


【ポイント】
○大学改革の追手門学院大学と教育・学生支援の名桜大学が連携し、教職員・学生間交流へ。
○追手門学院大学の他大学との連携協定は、2015年の北海道科学大学について2例目。
○名桜大学の他大学との連携協定は、15例目。大阪の大学では大阪国際大学に次いで2例目。

 追手門学院大学は、幼保連携型認定こども園から大学・大学院までを設置する学校法人追手門学院が運営する文系6学部大学院4研究科・学生数約6,800名の私立大学。近年は全国に先がけて、教授会の諮問機関化による迅速な意思決定を可能としたガバナンス改革や、学力偏重の選抜型入試からの転換を図る育成型入試の「アサーティブプログラム・アサーティブ入試」、全学的な就職支援などで5年連続志願者増を記録し、中規模大学の改革モデルとして注目を集めている。

 一方、名桜大学は、1学群1学部大学院2研究科・学生数約2,100名の公立大学。体系的な教養教育カリキュラムや、入学から卒業までの学習支援プログラム、学生による学生の支援組織「名桜ウェルナビ」は、先進的な教育および学生支援のあり方として注目されている。

 このたび、追手門学院側からは経営的視点、名桜側からは教育的視点で双方の強みを生かすことができることから連携協定を締結する運びとなった。今後は教職員および学生間の交流事業などを実施していく。なお、締結に先立ち、6月20日(火)に名桜大学で協定締結式を執り行う。概要は下記の通り。

◆協定締結式概要
【日 時】 6月20日(火)15:30~16:30
【会 場】 名桜大学本部棟4階第1会議室(沖縄県名護市字為又1220-1)
【締結者】
・追手門学院大学長 川原 俊明(かわはら としあき)
・名桜大学学長 山里勝己(やまざと かつのり)
【当日次第】
・協定書へ署名
・名桜大学長あいさつ
・追手門学院大学長あいさつ

●追手門学院大学HP
 リンク
●名桜大学HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 追手門学院 広報課 谷ノ内・足立
 TEL: 072-641-9590

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。