logo

成蹊大学が7月15日に理工学部の三浦正志教授の講演会を開催 -- 文部科学大臣表彰「若手科学者賞」受賞記念

成蹊大学 2017年06月15日 08時05分
From Digital PR Platform


成蹊大学(東京都武蔵野市)は7月15日(土)に、理工学部システムデザイン学科の三浦正志教授(専門分野:超伝導工学)による講演会「医療・エネルギーに役立つ超伝導 ~デモンストレーション“リニアも人も浮く”を体験しよう~」を開催する。これは、三浦教授が4月に科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞したことを記念して行うもの。受講料無料、申し込み不要。対象は中学生、高校生(一般も可)。


 三浦正志教授は超伝導工学や電磁現象学を専門とし、研究成果が『Nature Materials』、『Nature Communications』や『Scientific Reports』などのトップジャーナルに掲載されてきた。今年4月には「ナノ人工欠陥導入高磁場特性超伝導線材作製の研究」が評価され、萌芽的な研究や独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者に贈られる「若手科学者賞」を受賞した。

 これを記念し、7月15日(土)に中高生向けの記念講演会を行う。当日は講演のほか、「リニアの技術で人が浮く仕掛けを体験してみよう」をテーマにデモンストレーションも実施。三浦教授は講演会開催にあたり、「中学生・高校生の皆さん、住みたい街『吉祥寺』にある成蹊大学で開催される今回の講演をぜひ、聞きに来てください。講演では、皆さんがワクワクするようなお話をしたいと思っています。当日、皆さんにお会いするのを楽しみにしています」と話している。概要は以下の通り。

◆講演会概要
【日 程】 7月15日(土)
【時 間】 13:00~14:30(12:30開場)
【会 場】 成蹊学園本館2階大講堂
 アクセス: リンク
【対 象】 中学生・高校生(一般も可)
【定 員】 360名(当日先着順)
【その他】 受講料無料、申し込み不要。公共交通機関を利用の上、直接会場へ。
【主 催】 成蹊大学
【講演会プログラム】
12:30 開場
13:00 開会あいさつ
13:10 記念講演
13:50 デモンストレーション ~リニアの技術で人が浮く仕掛けを体験してみよう~
14:20 質問コーナー
14:30 終了予定 ※進行状況により終了時刻が多少前後する場合あり。

●「若手科学者賞」受賞について
 受賞内容は「ナノ人工欠陥導入高磁場特性超伝導線材作製の研究」。三浦教授は、液体窒素温度や液体水素温度下で電気抵抗がゼロとなる超伝導線材にナノサイズの非超伝導粒子を導入して、磁場中超伝導特性を向上させることに成功した。今回の受賞は、三浦教授が発明した超伝導線材作製技術が基礎研究にとどまらず、企業との連携により一部がすでに製品化され、今後、医療分野やエネルギー分野への貢献が非常に期待されることが高く評価されたもの。

●三浦正志教授のプロフィール
 2007年名古屋大学大学院博士課程後期課程短縮修了。博士(工学)。
 米国ロスアラモス国立研究所Director’s Postdoctoral Fellowを経て現在、成蹊大学 理工学部教授。専門は、超伝導工学、電磁現象学、電気工学、材料工学。主な論文として『Nature』姉妹論文『Nature Materials』、『Nature Communications』、『Scientific Reports』など多数掲載。文部科学大臣表彰「若手科学者賞」、(公社)発明協会「21世紀発明賞」、独創性を拓く先端技術大賞「フジサンケイビジネスアイ賞」など多数受賞。

(関連記事)
●成蹊大学理工学部の三浦正志教授が科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞 -- 7月15日には受賞記念講演会を開催予定(2017/05/08)
 リンク
(参考)
●平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について 
 リンク
●三浦研究室HP
 リンク

▼講演会に関する問い合わせ先
 成蹊大学企画運営部庶務運営課
 TEL: 0422-37-3531

▼本件に関する報道機関からの問い合わせ先
 成蹊学園企画室広報グループ
 TEL: 0422-37-3517
 FAX: 0422-37-3704
 E-MAIL: koho@jim.seikei.ac.jp
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。