logo

G2A PAYが決済ゲートウエーに参入 eコマースで役割果たす

G2A.com 2017年06月14日 17時39分
From 共同通信PRワイヤー

G2A PAYが決済ゲートウエーに参入 eコマースで役割果たす

AsiaNet 68927 (0895)

【香港2017年6月13日PR Newswire=共同通信JBN】国際取引におけるeコマースの存在が大きくなるにつれ、異なる通貨を使用したり好みの決済方法を求める顧客に対処できる決済機能が必要になっている。事業者が店舗を開設する際、正しい決済ゲートウエーを選択することが最も重要な理由であることの1つだ。

(Photo: リンク

eコマース向け決済ゲートウエーの端的な機能と目的は何か?

このサービスは基本的に顧客のクレジットカード(もしくはその他の支払い手段)の認証を行うサービスであり、購入に足る十分な資金があることを確認し、最終的に送金処理を行う。ゲートウエーは、オンラインで実店舗におけるカード読み取り機と同じことを行うが、決済ゲートウエーの場合しばしばカード処理以上のことを行う。

優れたゲートウエーとしてはStripe、PayPal、G2A PAY(リンク )、Authorize.netがある。さらにたくさんのゲートウエーがあり、その中には特定の分野(例えばエンターテインメント)に特化したものや、ロシアや米国といった特定地域にサービスを提供しているものもある。

オンライン決済ゲートウエーはしばしば、専用のマーチャントアカウントを含む、一層完全なサービスも提供する。ゲートウエーは、意欲的な事業者が銀行と煩雑な取引をすることをなくし、顧客のためにオンラインストア全般の準備を促進する。

ほとんどの決済サービスプロバイダーは、決済ゲートウエーの組み込みに関する支援を提供している。前述のPayPal、Authorize.net、G2A PAYには透明性があってドキュメントが整備されたAPI、そして専任スタッフが、ソリューションを顧客店舗に組み込む支援を提供している。

言い換えれば、決済ゲートウエーは、提供している製品やサービスへの支払いで最も便利な方法を顧客に提供したい事業者に必要不可欠である。さらに決済ゲートウエーは、伝統的な銀行送金や代金引換(COD)に比べ、マネーへの迅速なアクセスを提供する。

▽問い合わせ先
pr@g2a.com

ソース:G2A.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。