logo

バークレーヴァウチャーズ、 「株式会社エデンレッドジャパン」へ社名変更 同時にコーポレート・アイデンティティの刷新を発表

株式会社エデンレッドジャパン 2017年06月14日 16時30分
From DreamNews

バークレーヴァウチャーズ、
「株式会社エデンレッドジャパン」へ社名変更
同時にコーポレート・アイデンティティの刷新を発表

企業、従業員、および店舗向けトランザクションソリューションの世界的リーダーのエデンレッドは、世界42カ国すべてのソリューションをEdenredブランドに統一へ

福利厚生用食事補助ソリューションの「Ticket Restaurant(R)(チケットレストラン)」を提供する株式会社バークレーヴァウチャーズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ローラン・ガシェ)は、親会社であるEdenredのコーポレート・アイデンティティ刷新に伴い、会社名を「株式会社エデンレッドジャパン」に本日付けで変更しました。この社名変更およびブランドの刷新は、昨年の同社の電子食事ソリューション「チケットレストランタッチ」発売に続く、変革の一環となります。

「チケットレストラン」を含む多種多様な250の製品とサービスを開発、世界42か国で提供している仏Edenred(エデンレッド)が、コーポレート・アイデンティティを刷新し、全製品のイメージやデザインの統一化を図ることになりました。今後、全世界の4,300万人の従業員、75万社の企業・公共団体、140万の店舗をつなぎ、強力かつ統合されたブランドの確立に向けて新しい変革を推進していきます。新しいコーポレート・アイデンティティのスローガンとして掲げられる「We connect, you win」は、Edenredが実現してきたデジタル化とネットワーク構築によって、同社のソリューションを利用する従業員の購買力向上、企業の経費管理最適化、店舗の付加価値ビジネス向上をもたらすことを表しています。 2017年6月14日、42カ国の8,000人のEdenred社員が新しいロゴを身に着けます。世界規模で展開されるこのイニシアチブは、Edenredの“Fast Forward(ファスト・フォワード)”戦略の一環で、サービスの全面的な電子化を図り、B2B2Cのビジネスでの業界トップのポジションを確立することを目指しています。

Edenredの会長兼CEO、Bertrand Dumazy(バートランド・ドュマジー)は次のように述べています。「新しいビジュアルのコーポレート・アイデンティティの開始は、Edenred変革の重要なマイルストーンとなります。Edenredが進める完全なデジタル・エコシステムへの移行が、強力かつ有意義で統一された新しいブランドのアイデンティティを生み出すきっかけとなりました。4,300万人の利用者と140万の店舗、75万社の企業にとって、私たちのソリューションのすべてが、さらなる価値創造をもたらすものとなるよう発展していきたいと考えています。」と述べています。

新しいEdenredロゴは、グループすべてのソリューション、カード、モバイルアプリ、オンラインプラットフォームから紙のヴァウチャーに展開されます。
新しいグループ・スローガンである「We connect、you win」は、Edenredが実現したデジタル化とネットワーク構築によって、従業員の購買力向上、企業の経費管理最適化、店舗の付加価値ビジネス向上がもたらされることを表しています。

新しい Edenredのロゴは、1960年代の “チケットレストラン” プログラムの開始以来、同社のスローガンイメージにあった赤い円マークを基調に、「シンプル」、「信頼性」、「デジタル」、「ユニバーサル」、「斬新性」、「つながり」といった新ブランドへの思いを込めた指針を表現しています。赤い円マーク上で、Edenredの社名が中央を突き抜け、左端を敢えて開けた形で配置され、外にいるEdenredのソリューションを利用する従業員、企業、店舗をつなぐ同グループ特有のネットワークに向かっていることを表しています。社名語尾を「赤」で表した新ロゴは、ブランドを一目でわかりやすくすると共に、設立当初からのグループのシンボルカラーである色を引き立たせています。また、掛詞(スペイン語で「red」は「ネットワーク」を意味する)は、グループの製品の基盤となるさまざまなエコシステムを指しています。フォントの綺麗な曲線は、サービスのデジタル化により、Edenredが4,300万人の利用者とますます直接的なつながりを築くことを考えており、Edenredが提供するデジタル化ソリューションがもたらすB2BとB2Cの世界が出会う接点へのスムーズな移行を示しています。モノグラム形式でデザインされたこのロゴは、Edenredのモバイルアプリにおける一体化された効果を表すシンボルにもなります。

Edenredのデザインは全面的に、新しいブランドプラットフォームに沿って再設計されました。さまざまな利用者、企業、店舗の間でEdenredが構築してきたつながりを表すリボン、鮮やかな色の配色、目を引くイメージ画像やシンボルなど、新しいedenred.comのウェブサイトで御覧いただくことができます。

2017年6月14日、Edenredグループの8,000人の社員は、世界42カ国で様々な形で開催されるイベントにおいて新しいロゴを身に着けて祝います。これらのイベントをハッシュタグ#Edenredconnectsより、ソーシャルメディアで是非フォローください。

エデンレッドジャパンの代表取締役であるローラン・ガシェは、次のように述べています。「弊社は今年、お蔭様で日本で創業を開始してから30周年を迎えることとなりました。新しい“エデンレッドジャパン”への社名変更は、この記念すべき年に、コーポレート・アイデンティティの刷新とともに実施することにしました。昨年のデジタルソリューション“チケットレストランタッチ”の発売開始に続くこの変革は、お客様とパートナー様のニーズに対していち早くお応えしていきたいという弊社の姿勢を表しております。」

なお、今回のブランド刷新プロジェクトは、Royalties 代理店の支援を受けてEdenredの新ロゴおよびビジュアル・アイデンティティのデザイン、ブランドプラットフォームの設計が行われました。

-----
【エデンレッドジャパンについて】
株式会社エデンレッドジャパン(旧バークレーヴァウチャーズ)は、日本における食事補助ソリューション『チケットレストラン(Ticket Restaurant(R))』のパイオニア、およびマーケットリーダーで、エデンレッド(Edenred)の 100%子会社です。エデンレッドは、企業、従業員、店舗向けトランザクションソリューションの世界的リーダーです。カード、モバイルアプリ、オンラインプラットフォーム、紙のヴァウチャーのいずれを提供する場合も、これらのソリューションはすべて、従業員の購買力向上、企業の経費管理最適化、店舗の付加価値ビジネス向上を意味します。
グループは、75万社の企業・公共団体において4,300万人の会社員と140万店の店舗をつなぐ特有のネットワーク築いております。
NYSEユーロネクスト・パリ証券取引所に上場しており、日本を含む世界42か国で 約8,000人の従業員を擁し事業を展開しております。2016年度グループ納品額は200億ユーロで、その70%は、カード、モバイルアプリ、およびウェブソリューションによる取引によるものです。

なお、本リリース内のロゴや商品名につきましては、すべてEdenred社とその子会社の登録商標です。

URL: リンク
チケットレストランサイト:リンク
公式 facebook アカウント: www.facebook.com/TicketRestaurantJapan
公式 Twitter アカウント:@Ticket_RestJP

-----
【本件に関する報道関係者のお問合せ先】
株式会社エデンレッドジャパン
マーケティング&コミュニケーション部
明石 みき
TEL: 03-3233-8121 Email: erjp-pr@edenred.com

ホフマン ジャパン株式会社
エデンレッドジャパン広報担当 伊藤 麻未・田中 聡子
TEL: 03-5159-5750 Email: TicketRestaurant@hoffman.com






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。