logo

お忘れ物自動通知サービスの実証実験を実施します。

MAMORIO株式会社 2017年06月14日 14時00分
From PR TIMES

2017年6月19日(月)から お忘れ物総合取扱所・(銀)渋谷駅・(丸)池袋駅・(有)新木場駅にて実施

東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 社長:奥 義光 以下:東京メトロ)は、MAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:増木 大己 以下:MAMORIO社)と協力し、2017年6月19日(月)から、飯田橋駅構内のお忘れ物総合取扱所、銀座線渋谷駅、丸ノ内線池袋駅及び有楽町線新木場駅の4か所において、お忘れ物自動通知サービス(以下:本サービス)の実証実験を実施します。



本サービスは、MAMORIO社が提供する専用タグと専用アンテナを活用し、持ち主が所持品の位置情報を確認できるものです。専用タグを付けた所持品を紛失した場合、専用タグから発信される位置情報を交通機関や商業施設等に設置された専用アンテナが受信し、その位置情報を持ち主に通知します。

本実証実験は、お忘れ物総合取扱所とお忘れ物の取扱いが多い3駅の駅事務室に専用アンテナを設置し、専用タグを付けたお忘れ物の情報をお客様に迅速にお知らせし、早期発見・引渡しに繋げることを期待しており、地下鉄事業者としては初めての試みとなります。

東京メトロ及びMAMORIO社は、今後も新技術の活用を通じ、よりお客様視点に立った質の高いサービスを提供してまいります。
詳細は別紙をご参照ください。

[画像1: リンク ]



                    専用タグ使用イメージ

[画像2: リンク ]

                    お客様への通知イメージ

「お忘れ物自動通知サービスの実証実験」詳細

1 実験期間(予定)
  2017年6月19日(月)~2018年3月31日(土)

2 実験場所及び設置アンテナ
・お忘れ物総合取扱所(飯田橋駅構内):専用アンテナ
・銀座線渋谷駅、丸ノ内線池袋駅、有楽町線新木場駅の駅事務室:
配備済のご案内用タブレット端末に専用アプリをインストールし、専用アンテナとして使用(※)
※タブレット端末を専用アンテナとして使用する仕組みは、本サービス初の試み
  
3 サービス内容
  MAMORIO社が提供する専用タグから発信される位置情報をお客様に通知するための専用アンテナを
お忘れ物総合取扱所及び駅事務室に設置します。そこに専用タグが付いたお忘れ物が届くと、その場所にお忘れ物がある旨の位置情報がお客様に通知されます。 

[画像3: リンク ]


4 当社におけるお忘れ物の現状
  2016年度における当社のお忘れ物の受領件数は一日あたり1,835件で、返還率は約29%となっております。

5 今後について
今回の実証実験の結果を踏まえ、本サービスの拡大等を検討し、今後より一層返還率が向上するよう努めてまいります。


【参考】専用タグについて
通信方法   Bluetooth4.0(BluetoothLowEnergy)
サイズ    縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm
有効距離   約30m
電池タイプ   リチウム電池、電池寿命最大1年間(ご利用状況によって変化する可能性がございます。)
購入方法   ECサイト、大手家電量販店、大手百貨店他
公式ウェブサイト リンク

【この件についてのお問い合わせ先】
東京地下鉄株式会社 広報部広報課 阪本、志田 電話:03-3837-8277(携帯:080-1247-0114)
MAMORIO株式会社 担当 泉水亮介 電話:03-6479-0714(携帯:090-3202-3466)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事