logo

プロジェクションマッピングでキヤノンのプロジェクターが活躍

キヤノンMJ 2017年06月14日 13時00分
From PR TIMES

東京ドームシティでの体験型アート展「TOKYO ART CITY by NAKED」の映像演出に貢献

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、東京ドームシティで6月16日より開催される「TOKYO ART CITY by NAKED」に、キヤノンの4Kレーザー光源モデルのパワープロジェクター「4K600STZ」などを機材協力しました。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


本イベントでは、実際に登れる高さ4.3mの東京タワーや横断歩道が頭上に浮かぶ渋谷スクランブル交差点など、東京を象徴する8スポットの約250の模型が並び、模型のプロジェクションマッピングや、指で自由に絵が描ける「デジタルグラフティ体験」やインタラクティブな仕掛けのある「秋葉原ガチャガチャビル」など、光と映像の演出で多彩に表現されています。
[画像3: リンク ]

プロジェクションマッピングの演出の中で、キヤノンの4Kレーザー光源モデルのパワープロジェクター「4K600STZ」など70台が活躍しています。プロの映像クリエイターから高い評価を得ているLCOS(エルコス)液晶パネルを搭載し、格子感のないクリアな映像と高い色再現性を実現したプロジェクターとして映像演出を盛り上げています。

■ 「TOKYO ART CITY by NAKED」開催概要
会  場:東京ドームシティ Gallery AaMo
会  期:2017年6月16日(金)~9月3日(日)※会期中無休
開催時間:11:00~18:00(6/16~7/21)、10:00~20:00(7/22~9/3)※最終入場は閉館30分前
入 場 料:<当日券>大人1,600円/中高大学生1,400円/小学生900円 ※各税込価格、未就学児無料(単独入場不可)

<株式会社ネイキッドについて>
1997年、村松亮太郎氏を中心に、映像ディレクター/デザイナー/CGディレクター/ライターなどが集まり設立されたクリエイティブカンパニー。映画/広告/TV/インスタレーションなど様々なクリエイティブ活動を続ける。また、近年はプロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーが通算150万人以上を動員している。


◇ キヤノン プロジェクターホームページ
◇ 『TOKYO ART CITY by NAKED|都市とはアートである。』ホームぺージ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。