logo

今までにない“速攻ケア”で累計販売個数65万個突破(※1) 30秒でワキ美人!「白ワキ姫」が海外でも売上好調 -韓国では約半年で年間売上個数240%越え(※4)-

株式会社リベルタ 2017年06月14日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リベルタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤透)が、2014年から販売しているワキの黒ずみケア商品「白ワキ姫」は、たった30秒で白く美しいワキへと導くアイテムです。今まで無かった“速攻ケア”に着目した点が、黒ずみに悩んでいる女性に響き、2015年には昨対と比べて売上が6.2倍伸長(※2)、店舗数も約30倍に増えました(※3)。また、国内のみならず、海外でも2015年から販売を開始。特に、韓国やマレーシア・シンガポールでの売上が好調で、韓国では2017年の年間販売個数の目標を、約半年で240%も達成(※4)。2017年5月時点で累計販売個数が65万個(※1)を突破し、国内外ともに売上が好調であることを本日ご報告します。
◆白ワキ姫ECサイト:リンク

■売上絶好調!「白ワキ姫」
2014年3月に発売したワキの黒ずみを30秒でケアする「白ワキ姫」は、黒ずみの原因になる古い角質をケアする「ピーリング」と、速攻で白く美しいワキに見せる「ホワイトコーティング」の2つの処方にこだわった商品です。従来のワキケア商品は、ムダ毛やニオイに特化したアイテムがほとんどで、“黒ずみ”に着目した商品はありませんでした。黒ずみに特化している事、今までにない「速効ケア」という点が、黒ずみに悩んでいる女性に響き、2015年には昨対と比べて売り上げが6.2倍まで伸長(※2)、販売店舗数も226店舗から7,000店舗(※3)まで拡大しました。更に2016年から同カテゴリー商品が現れ、2017年も続々と増え続けています。その結果、ムダ毛・ニオイに次ぐ、新たな『黒ずみケア』カテゴリーの確立ができ、2015年には国内にとどまらず海外でも販売を開始。順調に売上を伸ばし、2017年には販売個数が前年に比べ3.5倍(※5)伸長。海外でも注目を集め、2017年5月時点で累計販売個数が65万個(※1)を突破しました。

■海外展開について
2015年からアジアを中心に、海外で展開を開始しました。現在は韓国とマレーシア・シンガポールで売上を伸ばしています。特に韓国では2016年6月に、1店舗で半月に2000本売り上げたことをきっかけに、販売店舗数を5店舗から850店舗(※6)まで拡大。2017年6月時点で、年間の販売個数の目標を既に240%達成しています(※4)。また、中国人が多く滞在しているマレーシア・シンガポールでは、中国語による動画プロモーションをFacebookで行ったところ、翌月には通販で1日100本以上も売れました。現在では韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、台湾、香港、中国(越境EC)、アメリカの8ヶ国で販売をしています。

■海外でヒットした2つの要因
(1)アジア人特有の切実な悩み
 アジアでは、肌の黒さに悩んでいる女性が多く、「白くなりたい」という想いから、多くの美白商品が売れています。更にワキなどの細かいパーツまで美白にしたいと感じる人も多く、日本よりも美白ニーズの高さが伺えます。また、ムダ毛処理の頻度の多さから、摩擦によるワキの黒ずみに悩んでいる女性も少なくありません。これらのアジア人特有の切実な悩みが、白ワキ姫の購入へと繋がったと考えています。

(2)文字は分からなくても伝わるパッケージデザイン
白ワキ姫は、国内外も全て同様のパッケージデザインで販売しています。日本製の商品に対する信頼性の高さを伝える事と、一目見ただけで「ワキの黒ずみケア」「ピーリングとコーティング」「速効性」という商品特徴が伝わるパッケージデザインにしている為、例え文字が読めなくても、ワキの黒ずみケアアイテムとして、海外でも手に取って頂いています。

※1:2017年5月時点(国内外の累計販売個数・シリーズ品含む) 
※2:2014年3月-12月に対し2015年3月-12月 
※3:2014年3月から2017年5月時点 
※4:2017年6月時点 
※5:2016年1月-5月に対し2017年1月-5月時点(海外のみの販売個数)  
※6:2017年5月時点 

■今後の展望
今後白ワキ姫は、国内外共に販路を広げていく事を第一の目標としています。国内では、2018年の夏までに8500店舗まで拡大、海外では売上好調な韓国を中心に販路を拡大し、売上へと繋げていきます。また、国内では白ワキ姫シリーズから2016年より発売している、夜用アイテム「白ワキ姫 ナイトパック」と共にワキの黒ずみケアカテゴリーの1位を目指します。

■「白ワキ姫」の開発背景
「白ワキ姫」の誕生のきっかけは、開発担当者の男性が見た“電車で吊革を持っている女性のワキが黒ずんでいた”事です。“ワキが黒ずむ”という発想がなく衝撃を受けましたが、実際に調べてみると、「ワキの黒ずみに悩んでいるけれど、ケア方法が分からない」女性が多いことが分かりました。当時市場には、ワキの黒ずみに特化した商品はありませんでしたが、一方で女性用のデリケートゾーン用商品が台頭していました。そこで、「人には言いにくいニッチなお悩みアイテムは売れるのではないか」と考え、ワキの黒ずみケア商品の開発を開始。開発を進めていく中で、特に肌を露出する夏は、「出かける前にワキをすぐに綺麗に見せたい」と悩む女性は多いことから、「白ワキ姫」は“速効性”に着目。黒ずみの原因である古い角質をケアする「ピーリング」と、速攻で白く美しいワキに見せる「ホワイトコーティング」の2つの処方にこだわり、「白ワキ姫」は誕生しました。

■白ワキ姫シリーズ一覧
(1)ワキの黒ずみを30秒で白く美しくするピーリングクリーム
【販売名】白ワキ姫
【発売日】2014年3月
【価格】1,250円(税別)
【販路】全国のバラエティショップ、ドラッグストア、GMS(総合スーパー)自社ECサイト ※一部取り扱いが無い店舗もございます。
【内容量】18g
【ECサイト】リンク

(2)ワキの黒ずみを根本から白く導く夜用美白パック
【販売名】白ワキ姫ナイトパック
【発売日】2016年3月
【価格】1,400円(税別)
【販路】全国のバラエティショップ、一部ドラッグストア、GMS(総合スーパー)自社ECサイト ※一部取り扱いが無い店舗もございます。
【内容量】30g
【ECサイト】リンク

(3)ワキの黒ずみ、ニオイ残りを一掃するワキ用石鹸
【販売名】白ワキ姫せっけん
【発売日】2017年3月
【価格】800円(税別)
【販路】一部バラエティショップ、自社ECサイト
【内容量】100g
【ECサイト】 リンク

≪参考≫
「himecoto」とは:リンク
ワキの黒ずみをケアする「白ワキ姫」をはじめ、脚の黒ずみ・毛穴・古傷などをカバーする「白アシ姫」、手のシワをカバーする「白ゆび姫」など、女性のニッチなお悩みに特化したアイテムを「himecoto」ブランドとし、2016年に誕生。2017年現在では12アイテムを展開中。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。