logo

その機能性表示食品、何に効く? リビング新聞で管理栄養士が客観的に評価

サンケイリビング新聞社 2017年06月14日 11時00分
From PR TIMES

リビング新聞×機能性表示食品情報発信サイト「キノウノミカタ」

女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行する株式会社サンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 和田直樹)と株式会社リンクアンドコミュニケーション(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 渡辺敏成)は、機能性表示食品に対する情報発信事業の協業を目的に業務提携致しました。



今回の協業により、リンクアンドコミュニケーションが保有する管理栄養士などの専門家による機能性表示食品のレビュー情報をもとにして、サンケイリビング新聞社は、生活者の健康食品選びのサポート情報を発信していきます。

■背景

 機能性表示食品制度が2015年4月に導入されてから2年以上が経過し、消費者庁への届出件数は900件を超えています。届出件数が増える一方で、機能性表示食品は届け出制による生産者の責任表示の制度であるため、生活者が商品をどのように選べばよいのか選択に困る側面があります。
 リンクアンドコミュニケーションでは、生活者による機能性表示食品の正しい理解と、自分にあった商品選びのサポートを目的に、管理栄養士、公衆衛生学修士(MPH)などの専門家による商品レビュープロジェクトを、2016年6月より進め、そのレビュー結果は、同社のWEBサイト「キノウノミカタ」(URL: リンク )に掲載しています。全国で約8,000人以上の管理栄養士・栄養士、および公衆衛生学修士のネットワークを活用し、2017年5月現在では170品以上の機能性表示食品の専門家レビュー結果情報が掲載されています。
 今回サンケイリビング新聞社とリンクアンドコミュニケーションは、より広く生活者に商品選びに役立つ信頼性のある情報を届けたいという観点で一致し、合同で情報発信を行うこととなりました。


■取組内容

 リビング新聞での掲載は7月29日付終面特集「夏に飲みたい! カラダにイイモノ」からスタート。
また毎月、コラム「管理栄養士に聞く 上手に取り入れよう機能性表示食品(仮)」をリビング新聞とWEBサイト
「リビングくらしナビ」、さらに「キノウノミカタ」に連載します。
並行して、対象商品のタイアップ広告シリーズ展開もスタートします。
【テーマ(例)】
お腹の調子を整える、便通改善、肌の健康、疲労回復、生活習慣病・メタボ・ダイエット
眠りのサポート、関節の健康、骨の健康、脳の健康、アレルギー対策、
ストレス緩和、目の機能回復、筋肉サポート


【リビング新聞媒体概要】
全国55エリア約786万部発行の地域生活情報紙。
読者は生活を楽しむための消費意欲が旺盛な30~60代の主婦。
毎週土曜日付、木・金曜配布。


[画像1: リンク ]



【キノウノミカタ概要】
名称 : 「キノウミカタ」 URL : リンク
「キノウノミカタ」は、管理栄養士および公衆衛生学修士(MPH)の専門家により、現在発売
されている各機能性表示食品について、基本情報、商品レビュー、情報レビュー、および
専門家のコメントを掲載しています。現在、機能性表示食品約170品を評価しており、
毎月、新規のレビュー結果を定期的に掲載しています。
[画像2: リンク ]



■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社サンケイリビング新聞社 リビング編集部 担当:和田
TEL:03-5216-9161 FAX:03-5116-9260
E-mail:iwainao@sankeiliving.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。