logo

[少人数無料セミナー] 海外SNS最新トレンドや成功事例から学ぶ、外国人集客を成功させるSNS運用のコツ

~越境ECから訪日インバウンドまで、海外向けFacebook+Instagramの運用戦略~

株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一、以下「当社」)は、海外SNSの最新トレンド情報や、”メーカー”、“越境EC(海外向けネットショップ)”、“観光(訪日インバウンド)”の成功事例から海外向けSNSマーケティングを解説する少人数無料セミナー「海外SNS最新トレンドや成功事例から学ぶ、外国人集客を成功させるSNS運用のコツ~越境ECから訪日インバウンドまで、海外向けFacebook+Instagramの運用戦略~」を 2017年7月5日(水)に開催します。



[画像1: リンク ]

当日は、世界で注目されている海外企業アカウントの成功事例や、外国人へ効果的にPRしている”メーカー”、“越境EC(海外向けネットショップ)”、“観光(訪日インバウンド)”の成功事例を解説し、facebook+Instagramを活用した海外向けSNSマーケティングを成功させる秘訣をご紹介します。

<セミナーの概要>
ここ数年で、企業でのSNS活用は、プロモーション活動の一環として一般的な手法となってきました。2020年の東京オリンピックを前に訪日インバウンドのニーズが高まり、今後も、海外ユーザー向けのプロモーション活動として、特にSNSを活用したマーケティングが重要になってくるでしょう。

全世界の月間アクティブユーザー数はFacebookで19億人以上、Instagramで7億人を突破し、今なお、そのユーザーは増え続けています。最も使われているSNSがFacebook、次がInstagramという国は欧米だけではなく、フィリピン・タイ・インドネシアなどの東南アジアや南米諸国も同様です。

そうしたなか、今回のセミナーでは、海外に自社商品をPRしたい、越境ECを宣伝したい、訪日インバウンドを強化したい…、という方に、海外向けのコンテンツ作成や運用方法、海外向けSNSマーケティングのトレンドについて詳しく解説します。

外国人を集客したいとお考えの広報・PR担当者、Web担当者、マーケティング担当者、そして広告代理店の方々向けのセミナーです。

<セミナーで得られるもの>


最新の海外SNSのトレンド
各国のSNS動向
海外そして日本の”メーカー”、“越境EC(海外向けネットショップ)”、“観光(訪日インバウンド)”の成成功事例
海外でウケるコンテンツ傾向
効果的な海外向けSNS運用方法
海外向けSNS広告成功事例


<セミナー詳細>

[表: リンク ]



参加要件: 下記の様なお悩みを持つ、広報・PR担当者、Web担当者、マーケティング担当者、そして広告代理店の方々向けのセミナーです。

・外国人観光客を呼び込みたい!
・越境EC(海外向けネットショップ)を立ち上げたけど、ぜんぜん人が来ない!
・海外に自社商品をPRしたい!
・海外でのブランド認知度を高めたい!

申込方法:下記お申し込みフォームよりオンラインでお申し込みください。
申込締切:2017年6月26 日(月)19:00 まで
主催:株式会社フルスピード

お申し込みページ
リンク

<セミナー紹介>
[少人数無料セミナー]
海外SNS最新トレンドや成功事例から学ぶ、外国人集客を成功させるSNS運用のコツ
~越境ECから訪日インバウンドまで、海外向けFacebook+Instagramの運用戦略~

<講師>
ソーシャルメディアマーケティング部 コンサルタント 尾勢 祐実
[画像2: リンク ]


1987年生まれ。11歳から22歳までスペインのマドリッドで育つ。スペインのアメリカ系大学を卒業した後に、2012年から日本で人材広告会社の営業、南インドで日系商社の営業を経て帰国。個人事業主としてスペイン雑貨のネットショップを運営する。2016年 株式会社フルスピードに入社。現在は大手国内メーカーの海外向けSNS運用や、外資系メーカーの日本国内向けSNSマーケティングに携わる。

<プログラム概要>

世界のSNSユーザー分析
各国のSNS活用事情
世界のSNSの最新トレンド
海外でウケているコンテンツの傾向
”メーカー”、“越境EC(海外向けネットショップ)”、“観光(訪日インバウンド)”の成功事例分・析
海外向けSNSで成功するために決めるKPI
海外向けSNS運用成功のポイント
各国で異なる海外SNS広告の反応
今後の世界のSNSの動き


※講演内容は若干変更になる場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。