logo

ファーウェイ、サーバー製品のポートフォリオを拡充し、Microsoft Azure Stack向けハイブリッドクラウドソリューションを提供

ファーウェイ・ジャパン 2017年06月14日 11時02分
From PR TIMES

共同設計したソリューションで企業のコスト削減と生産性の向上を支援

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は6月9日、サーバー製品のポートフォリオを拡充し、同社製サーバーとスイッチをベースとしたMicrosoft Azure Stack向けのハイブリッドクラウドソリューションを提供していくことを発表しました。ファーウェイと米マイクロソフトが共同で設計したこのソリューションによって、企業やサービスプロバイダーはMicrosoft Azureとのシームレスな一貫性を備えたサービスをオンプレミスで展開できるため、ハイブリッドクラウド基盤を安心して活用しながら、デジタル変革を加速することができるようになります。

ファーウェイのMicrosoft Azure Stack向けのハイブリッドクラウドソリューションは、2018年Q1までに提供開始予定です。

ファーウェイの最新世代のFusionServerとCloudEngineスイッチをベースに共同で設計したソリューションは、ファーウェイのeSight管理ソフトウェアとAzure Stackを独自に統合することで、お客様によるハードウェア機器の360度管理を実現します。

Azure StackはAzureの拡張製品として、同じアプリケーションモデル、セルフサービスポータル、APIを備えています。これによって、柔軟性と管理のバランスをとりながら、ハイブリッドクラウド環境全体でアプリケーションを刷新することができます。

今回発表したソリューションは、Azureと同一のアーキテクチャとユーザーインターフェースを使用しているため、ユーザーがクラウド間でアプリケーションをシームレスに展開、管理、移行できるようになります。企業はその結果、クリティカルなデータをオンプレミスで保持しつつ、自動化されたITサービスによって自社のビジネスを変革し、新たなサービスやクラウドネイティブなアプリケーションをより迅速かつ低コストで展開することができます。

ファーウェイのハイブリッドクラウドインフラは、同社のFusionServerを使用して高密度なアーキテクチャや大容量ストレージを提供し、高い信頼性を備えた管理が可能で、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)への活用に最適です。また、ファーウェイのCloudEngineスイッチによって、高密度な10Gアクセスと最大100Gの相互接続を提供し、高性能、高信頼性、大容量キャッシュ、低遅延のネットワークを実現します。ファーウェイは2016年末までに、政府、電気・ガス・水道、通信事業者、エネルギー、金融などの多くの業種において、130か国で200万台以上の仮想マシンと420のクラウドデータセンターを提供しています。

ファーウェイ ITサーバープロダクトライン プレジデントである邱隆(チウ・ロン)は次のように述べています。 「ファーウェイのサーバー機器における優位性とマイクロソフトのクラウドにおける知見を融合したMicrosoft Azure Stack向けの画期的なハイブリッドクラウドソリューションは、ハイブリッドクラウドへの移行を検討する企業にとり理想的な選択肢です。今回共同で設計したソリューションは、両社のWin-Winで共生的な関係構築に向けた重要なマイルストーンとなるでしょう」

マイクロソフトのエンタープライズクラウド担当コーポレートバイスプレジデントであるマイク・ニール(Mike Neil)氏は次のように述べています。 「当社は、ファーウェイの新たなAzure Stack向けハイブリッドクラウドソリューションのリリースに向けて同社と協業できることを嬉しく思います。強力な市場プレゼンスと豊富な製品ポートフォリオを誇るファーウェイは、既存のお客様や新たなお客様のハイブリッドクラウド基盤導入を加速し、新たな市場開拓へ向けた戦略拡大を支援してくれるでしょう」


※Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。

※本参考資料は2017年6月9日(現地時間)に中国・深圳で発表されたプレスリリースの翻訳版です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事