logo

「RaKUWaLK(ラクウォーク)」・把持(はじ)シリーズ 足形&把持力無料計測&販売会のお知らせ

アシックス商事株式会社 2017年06月13日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年6月13日

アシックス商事株式会社

踏ん張る足ヂカラを引きだす機能性インナーソールを搭載
「RaKUWaLK(ラクウォーク)」・把持(はじ)※シリーズ
足形&把持力無料計測&販売会のお知らせ
6月17日(土)11:00~19:00 6月18日(日)11:00~17:00
東急ハンズ広島店にて開催


                                 ※把持(はじ):足指が「グー」(握る)と「パー」(開く)を繰り返す動き 
  
 靴メーカー・アシックス商事株式会社(本社:兵庫県神戸市 社長:梅垣和英)は、京都橘大学(本部:京都市、学長:細川涼一)と共同で研究・開発した、足指把持運動(足指、足底で地面をしっかり掴む運動)を促進する機能性インナーソールを搭載した「ラクウォーク」把持シリーズの展開にあわせ、東急ハンズ広島店にて足形および把持力の無料計測会を実施することになりました。

 本企画は、「ラクウォーク」把持シリーズの商品開発にあたり、足指の把持力をトレーニングすることが立位のバランスを保ち、転倒予防にも有用であることが明らかになったことから、「把持力」という言葉とともにその大切さをより多くの方にお伝えしたいとの思いから開催するものです。
 期間中は、専用の機器を用いて足の長さや幅、指の角度、足裏にかかる圧力バランスなどを調べる足形計測、および足指でものをつかむ力をはかる把持力計測がどなたでも無料体験できます(人数によって予約制とさせていただきます)。普段は知る事のできない自身の足の特徴がわかり、データは出力してお持ち帰りいただけます。また、2月から発売中の最新作4アイテム(全15カラー、すべて4,500円+税)の販売も行います。

【概要】
開催日: 6月17日(土)11:00~19:00
     6月18日(日)11:00~17:00
場所 : 東急ハンズ広島店1階エントランス(広島県広島市中区八丁堀16-10)
内容 : 専用機器による足形・把持力の無料計測と販売
【画像: リンク

ご参考:「ラクウォーク」把持シリーズについて
【画像: リンク

【履いて歩くことで踏ん張る力が鍛えられる】
 インナーソールの足指付け根部分に突起を設け、つま先部分に弾力性の高い素材を配すなど、履いて歩くことにより足指を使って踏ん張る力を鍛えることができます。

《主な商品特徴》
○インナーソールについて
(1)つま先部表面は弾力性の高い立体メッシュ構造。
(2)前部の表面に足指把持バー(第一指から第五指の基節骨中央付近に凸形状の盛り上がり)を設計。
(3)土踏まず部にはアーチパッドを配置し荷重を支持。
(4)かかと部をラウンド形状にして安定性を保持。
【画像: リンク
 
 蹴り出し時につま先が沈み込むことで、足指で把持バーをつかむ動作が自然と生まれるよう設計しています。足指でしっかり踏ん張ることによって体のぐらつきを抑えるとともに、クッションの役割を果たす土踏まず内側の縦アーチの盛り上がりを促進し、着地衝撃に備えた態勢を整えます。着地時は、かかとの安定性を高めるラウンド形状と土踏まずの落ち込みを抑えるアーチパットにより、体にかかる負担を軽減します。

○デザインについて
 日常的に使いやすいシンプルなカラーとデザインで、着脱しやすいベルトで締めるタイプを取り揃えています。
《女性用》【画像: リンク
《男性用》【画像: リンク

【商品仕様】
【画像: リンク

【京都橘大学との取り組み:産学共同の研究開発】
 京都橘大学との共同研究では、足指の形態異常(外反母指、浮き指※など)や柔軟性の低下が、足指の把持機能、さらには立位バランスへもたらす影響を調査しました。この調査データを基に開発したのが、足指把持機能を有効にサポートするラクウォーク把持シリーズの機能性インナーソールです。
 京都橘大学健康科学部の村田伸教授は、既に高齢者の転倒予防の観点から、足指・足底機能を足指把持力として定量的に表し、足指把持力の弱化が立位バランスの低下や転倒と関連することを報告してきました。更に、足指把持力をトレーニングすることで立位バランスが改善し、そのトレーニングが転倒予防に有用であることも明らかにしてきました。
 今回は、共同開発した足指把持運動を促進し持続的なトレーニング効果を高める機能性インナーソール搭載の靴を使用した介入研究(n=12/浮き指傾向の女子大学生)を実施しました。足指把持力、足指柔軟性の結果に有効な値を示し、さらに統計解析により、介入前に比べ介入後は浮き指本数の減少も見られるなどの傾向が確認できました。これらは、本研究の学術的な見解として「浮き指に対する足指把持機能向上インナーソールの介入効果」として論文にまとめて発表しています。
 ※浮き指・・・立位時、足裏が床面に接地していながら足指が浮いてしまっている状態

【『歩く』に新しい価値をプラスする、フットエイジケアシューズ】
 『フットエイジケアシューズ』は、「一歩ごとに元気をチャージする」をコンセプトに、毎日履くシューズに運動効果を高める機能性を持たせ、歩くことにそれ以上の価値をプラスするという発想から生まれました。加齢とともに変化する足のコンディションを整えるシューズです。核となる足指の把持運動を発揮させるインナーソールの構造は、日本古来の伝統的な履物である草履や下駄に備わった『鼻緒構造』を現代版にアレンジすることで誕生しました。
 当機能を備えたシューズは今後、発育・発達期の子ども用シューズにも応用し、さらに、強くて丈夫な土踏まずの育成に着目した機能構造の研究・開発にも取り組む予定です。

〇「ラクウォーク」把持シリーズ
リンク

 アシックス商事では「快適な足元生活を支える」をスローガンに、靴づくりを通して付加価値の高い商品提案を目指します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。