logo

内定直結型ハッカソンインターン(2018年卒学生対象)募集開始

リリースデータ解析による新サービス開発で最優秀賞獲得者には市場価値の給与で内定通知

[トピックス]
・エンジニアの獲得競争が過熱する中、優秀な人材確保のため「内定直結型ハッカソンインターン」を開催
・今年で2回目の開催となる「内定直結型ハッカソンインターン」は6月29日、30日の2日間の実施
・リリースデータ解析による新サービス開発で最優秀賞獲得者には市場価値の給与で内定通知




PR TIMESハッカソンインターン:リンク


[画像1: リンク ]

 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922、以下 PR TIMES )は、2018年卒業予定の大学生・大学院生・高等専門学校生を対象とした2日間にわたるPR TIMESハッカソン(※)インターンを2017年6月29日(木)、30日(金)に開催します。

 厚生労働省が5月30日発表した有効求人倍率は、バブル期超えの1.48倍と売り手市場の中、多くの企業がIT技術者を求めており、優秀なエンジニアの獲得競争は過熱しています。PR TIMESグループではこれまで、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の他にも、スマートフォン時代のWeb接客体験を円滑にするカスタマーサポートツール「Tayori」や、広報効果を測定するサービス「Webクリッピングサービス」などのWebサービスを新規事業として立ち上げてきました。PR TIMESはサービスをより成長・拡大させていくために、優秀かつ技術力と企業家精神を持った学生を、通常の新卒採用枠とは別に募集いたします。

[画像2: リンク ]

今回のハッカソンでは、17,000社超が利用する「PR TIMES」(リンク)に集まる豊富なプレスリリースデータ(およそ300,000件)を解析してハッキングを行い、新しいサービスの開発を行っていただきます。

本インターンを通して個人最優秀賞に選ばれた方がPR TIMESの採用基準に達した場合、2018年入社の内定をお出しします。また、入社後の給与は大卒初任給を飛び越え、技術力と適性を考慮した上で市場価値に照らして中途採用の基準で決定いたします(月給350,000円以上見込み 賞与年2回)。PR TIMESハッカソンインターンの募集対象となる学生は、エンジニアを志望され、プログラミング経験のある方とします。ハッカソン参加が初めてでも、当日実際のデータを使いながら、社員による詳しいレクチャーを行います。皆様のご応募をお待ちしております。



【PR TIMESハッカソンインターン 概要】


[画像3: リンク ]

1日目:趣旨説明などを行ったあと、チームビルディング・アイデアソンから実際にハッキングまで行います。
2日目:朝からハッキングタイム、夕方にハッキングデモ・審査・表彰となります。
※1日目終了後、希望者は残りハッキングを進めていただくことも可能です。期間中は、社員がサポートエンジニアスタッフとして開発に関する技術的な面などをサポートします。
※ ハッカソンについて
ハッカソン(hackathon)とはハック(hack)とマラソン(marathon)を合わせた混成語。ソフトウエア開発者が、一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、新しいアイディアや技能を競う催しの一つ。


【PR TIMESハッカソンインターン参加者 募集要項】

内 容 :PR TIMESが持つ30万件以上にのぼるプレスリリースデータを解析してハックし、新しいサービスを開発
日 時:2017年6月29日(木)、30日(金)10:00~22:00 ※29日は泊まり込み開発可能(任意)
場 所 :株式会社PR TIMES社内
募集人数:10名程度(応募後、書類選考を行い、参加者を決定します)
応募職種:エンジニア(文系理系問わず)
応募条件:
 - 学生(2018年卒業予定の大学院生・大学生・高等専門学校生)※学部、学科は問わない
 - プログラミングもしくはWEB開発経験のある方
 - ノートPCを持参できる方
参 加 費:無料、昼食と夕食はPR TIMESで用意いたします。
申込方法:右記Webページより、必要事項を明記の上ご応募いただきます。 リンク
申込期限:2017年6月27日(火)
参加特典:技術力・適正を考慮して基準に達した個人優秀者に内定をお出しします。本インターンを通じての内定者は通常の新卒枠とは別に、中途採用基準でスタート時の給与を決定いたします。
(月給350,000円以上見込み 賞与年2回)


【「PR TIMES」について】

[画像4: リンク ]

URL:リンク
「PR TIMES」は、2007年4月のサービス開始より、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信する機能と、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載する機能をセットで提供してまいりました。利用企業数は2017年4月に17,000社に到達、国内上場企業32.1%に利用いただいています。サイトアクセス数も伸張しており、2016年9月には初の700万PVを突破し月間738万PVを記録しました。配信プレスリリース本数も増加しており、2017年3月は過去最高の月間8,262本を記録しています。大企業からスタートアップ、地方自治体まで導入・継続しやすいプランと、報道発表と同時に生活者にも閲覧・シェアしてもらえるコンテンツ表現力を支持いただき、成長を続けています。

【株式会社PR TIMES会社概要】

[画像5: リンク ]

会社名 : 株式会社PR TIMES (東証マザーズ 証券コード:3922)
所在地 : 東京都港区南青山2-27-25オリックス南青山ビル3F
設立 : 2005年12月
代表取締役 : 山口 拓己
事業内容 : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(リンク)の運営
 オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
 ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(リンク)の運営
 ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(リンク)の運営
 カスタマーサポートツール「Tayori」(リンク)の運営
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。