logo

【脱ワンオペ育児】当日・直前もスマホで予約できる ベビーシッター「キッズライン」1時間1000円~入会金無料

株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.) 2017年06月12日 07時30分
From PR TIMES



ベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する、株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、ワンオペ育児に奮闘する育児者が、当日や翌日などの直近の場合でも、簡単にベビーシッターが呼べるよう、直前予約機能を強化した。

[画像1: リンク ]


■ワンオペ育児が急増中し、社会問題に

今日本では、育児や家庭のことを一人でやらなくてはいけない「ワンオペ育児」が急増し、社会問題となっている。ワンオペ育児が増加している背景としては、都市化が進み、両親に頼ることができない事情や、親のどちらかの単身赴任など仕事の都合がある。毎日新聞の報道では、単身赴任の家庭は2002年には11万8500人だったところ、2012年には19万4400人と、10年で約8万人増加していることから、この問題が深刻化していることが伺える。

■ワンオペ育児は、常に破綻のリスクを抱えている

「1人で家事と育児、人によっては仕事もするような状況は、ブラック企業以上」と評されるように、ワンオペ育児は、通常のオペレーションを回すだけでも過酷であるのに、「育児相談をする人がいない」という子供のしつけや教育上のトラブルや、「自分が病気になっても、病院もいけないし、子供の世話もできない」など健康上・生活上のトラブル、「自分の時間がないのでストレスが溜まる」という精神的なトラブルが重なると、その場で生活が破綻し、「ワンオペ育児」が深刻化するという悪循環を生み出している。

■ワンオペ育児の救世主、1時間1000円~スマホで予約できるベビーシッター「キッズライン」

そのような社会問題を解決すべく、ベビーシッターサービス「キッズライン」は、入会金・年会費無料で、当日もすぐに予約できるよう機能を強化した。

現在、キッズラインは会員登録するのに営業時間内なら最短10分。そして、当日対応可能なシッターは70人~100人ほどおり、いざという時もスマホで全て完結するので、ワンオペ育児で時間がなくても、頼みやすいシステムとなっている。シッターが見つかりにくい場合は「シッター募集」機能で、全てのシッター、もしくは自分がお気に入りに登録したシッターに同時に依頼をかけることもできる。

[画像2: リンク ]


*今日きてくれるシッター一覧 (全国約80名)
リンク
*明日きてくれるシッター一覧 (全国約90名)
リンク
日によって人数に多少差がありますので、上記リンクよりご確認ください

■キッズラインのシッターサービス5つの特徴■

(1)入会金・年会費は一切なしで、利用した分だけ1時間1000円~
(2)スマホやPCから24時間オンラインでスピーディに即日手配可能
(3)利用者の口コミが事前に確認できるので安心
(4)シッティング中もシッターとメッセージで写真や連絡が取れるので安心
(5)会員登録から、予約・支払いまで、オンラインで完結

■ワンオペ育児最大のピンチは「病児保育」~6月中 病児シッター無料体験~

[画像3: リンク ]


ワンオペ育児の最大のピンチは、病児保育。そして現在日本では、子供の病児に預かってくれる施設が圧倒的に不足している。なので、ワンオペママが子供が病気になると、看病しながら家事をやり、人によっては仕事も行けないため、生活上も精神面でも苦しい状況に追い込まれる。そこで、キッズラインは、病児のセーフティネットとして6月中は、どなたさまでも病児シッターを無料で試していただく試み「みんなの病児をあんしん解決」を実施しています。
リンク

<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>
私たちキッズラインは「日本にベビーシッター文化」を掲げ、「すべての女性が母になっても自分らしく輝ける社会の実現」を目指し活動しています。特にワンオペ育児の問題は深刻で、近くに頼る人がいない場合は、安心して安全に安くシッターさんを呼べる仕組みが重要だと考え活動しています。他にも待機児童問題や病児保育問題への独自の取り組みなども行なっています。一人でも多く困っているご家庭に、ベビーシッターという選択肢を知っていただけるように、ぜひ本件の取材にご協力頂ければと思います。


■ KIDSLINE(キッズライン)とは リンク

[画像4: リンク ]


「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。現在約1000名ほどの保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入され、小池塾の託児運営も任されるなど利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: リンク

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事