logo

子ども部屋でカフェスペースをDIY『収納自慢コンテスト結果発表 ~子ども部屋編~』アイリス収納・インテリアドットコム

生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)が運営するオウンドメディア「アイリス収納・インテリアドットコム(リンク)」では、「収納自慢コンテスト結果発表 ~子ども部屋編~」(リンク
の結果発表を公開しました。



1位 隠れ家風 Kids Room


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

お子さんのために床から机までDIYし、これでもか!というほど情熱&愛情がたっぷり注ぎこまれている子ども部屋です。カラーボックスをお部屋に溶け込むようにDIYしたり、隠れ家のような雰囲気のある空間をつくり出したり、愛情を感じられる子ども部屋。
また「遊びスペース」と「収納スペース」を分けたことで、ごちゃつきにくい工夫がされています。おやつを食べるスペースもあり、カフェのようなちょっと大人なおしゃれな雰囲気が漂う素敵な空間も見逃せません!

★詳しくはこちら>>「収納自慢コンテスト結果発表 ~子ども部屋編~」
リンク


2位 オープン収納で使いやすく

[画像3: リンク ]

リノベーションを機に作られた格子の本棚は、壁面を見せて圧迫感のない空間を演出しています。オープン棚にして、モノを出し入れしやすく、お子さんの使い勝手を第一に考えられたお部屋。リノベーションする際に、プランを綿密に練られた情景が想像できます。
また、たくさんの本やモノを収納できるスペースなので、教材が増えても困らなさそうです。木の素材のオープン棚も、床の色と合っていて、明るいナチュラルな雰囲気になっています。

★詳しくはこちら>>「収納自慢コンテスト結果発表 ~子ども部屋編~」
リンク

3位 PINK WALL KIDS ROOM


[画像4: リンク ]

お子さんのぬいぐるみをインテリアとして飾ることで、かわいらしさが全面にでているお部屋です。このお部屋のタイトルにもある『ピンクの壁面』からも、かわいらしさが感じられるポイント。またごちゃつきやすい小さなおもちゃは、扉つきのキャビネットに収納しているところも工夫されています。キャビネット内も、バスケットにおもちゃを小分けにして入れているので、見た目も取り出しやすさも◎

4位以降は「収納自慢コンテスト結果発表 ~子ども部屋編~」をご覧ください。
詳しくはこちら>>リンク


おやつが食べられるカフェスペースや、お子さんが使いやすいようにアレンジされた収納など、お子さんへの愛情を感じられるアイディアがたくさん詰まっています。使い勝手の良い、お子さんも気に入る子ども部屋にしていきましょう。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。