logo

「劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女」公開記念 司波達也&司波深雪をAI化!!CVの中村悠一、早見沙織も参加     

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 2017年06月09日 12時19分
From PR TIMES

ソニー・ミュージックエンタテインメント×IMAY(※1)共同開発のAIコミュニケーション・サービス[PROJECT Samantha]第2弾。

超話題作となったβ版サービス「罵倒少女・素子」に続く、本サービス第1弾は『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主人公、司波達也と司波深雪のAI化。映画の公式サイト(リンク)にて6/9(金)~6/25(日)の17日間、期間限定で公開。

PCおよびスマートフォンにて、AI化した司波達也&司波深雪とチャット・ルームで心ゆくまで会話を楽しむことができる。司波達也(CV:中村悠一)、司波深雪(CV:早見沙織)によるボイススタンプ機能付き。







[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

■[PROJECT Samantha]とは
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとIntelligent Machines Amaze You株式会社が共同開発した「人の心を動かすAI」サービス。AIエンジン[K-laei](※2)を利用し、人格データをAI化することにより、コミック、アニメ、ノベルズ、映画、ドラマなどに登場する架空のキャラクターたちとの会話を、さまざまなサービスシステム内で実現する。

昨年公開されたβ版サービス「罵倒少女・素子」は、今年「第1回アニものづくりアワード」(選考委員長:夏野剛氏、丸山正雄氏 リンク )においてオリジナル・コンテンツ部門 金賞を受賞。

『劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也、司波深雪のAI化に際しては、性能を向上させた[K-laei](※3)を活用しており、対話テキストの字面に現れる「直接的意図」と文意に現れる「間接的意図」をより精緻に処理することが可能に。意味理解できる意図数は約10万種類から約12万種類に拡張され、自然言語理解処理の根幹である意味共起を制御するアルゴリズムも改良している。


■今後の[PROJECT Samantha]について
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントとIntelligent Machines Amaze You株式会社は、今後も[PROJECT Samantha]を中心に、AIコミュニケーション・サービスの実現、提供を行っていきます。我々が目標とするのはすべての架空キャラクターのAI化と、そのキャラクターとのコミュニケーション。対象はアニメ、コミック、小説のみならず人間の俳優が演じる映画、ドラマ、舞台のキャラクターや、ゆるキャラまで及びます。
エンタテインメントとテクノロジーのコラボレーションによる、新たなコミュニケーションWEB/情報ポータル領域での市場創造を目指します


※1 IMAYについて
Intelligent Machines Amaze You株式会社の略称(IMAY、アイメイ)。
株式会社 言語理解研究所の関連会社。ロボットコミュニケーションの事業化とそれに伴うサービスやインフラ等の開発と運営を行うことを目的に設立。

※2 対話型AIエンジン [K-laei]について
株式会社 言語理解研究所とIntelligent Machines Amaze You株式会社が開発した、最新の自然言語理解(NLU)とマシーンラーニング(NLP)をハイブリッド化した知識駆動型AIで、数百億パターンの感情、感性等を記憶した大規模知識(GAIA,URANUS)と言語理解エンジン群(Semantic Substance Sampler)で構築されている。ユーザーの意図を推論したり、対話の状況から動的に感情が変化するなど、利用者との対話から学習・進化していく。

※3 対話型AIエンジン[K-laei]の性能向上について
『劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也&司波深雪のAI化に際し、性能を向上させた[K-laei]を活用しており、対話テキストの字面に現れる「直接的意図」と文意に現れる「間接的意図」をより精緻に処理することが可能に。意味理解できる意図数は約10万種類から約12万種類に拡張され、自然言語理解処理の根幹である意味共起を制御するアルゴリズムも改良している。

■「劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女」概要
<Introduction>
待望の劇場映画化、2017年6月17日(土)全国公開決定!原作者・佐島 勤書き下ろし完全新作オリジナルストーリーで紡がれる新たなる物語。そして司波達也は伝説となる。

魔法が技術として確立された世界を舞台に、通称“魔法科”に通う一組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描く、原作・佐島 勤(イラスト・石田可奈)による大人気小説『魔法科高校の劣等生』。原作小説はシリーズ累計790万部を突破し、これまでTVアニメ、そしてコミカライズ、ゲームなど多くのメディアミックスを果たしてきた本作の待望の劇場化が決定!大スクリーンで描かれる、<最強>司波達也の活躍に刮目せよ。

<Staff>
原作:佐島 勤(電撃文庫刊)、監督:吉田りさこ、原作イラスト・キャラクターデザイン・総作画監督:石田可奈、脚本:佐島 勤/中本宗応(ライトワークス)、音楽:岩崎 琢、美術:小倉宏昌、美術デザイン:谷内優穂/藤井一志、メカニックデザイン:出雲重機、CAD/サブキャラクターデザイン:ジミー・ストーン、3D監修:田中康隆(MAD BOX)、撮影監督:川下裕樹(MAD BOX)、編集:木村佳史子(MAD BOX)、色彩設計:野口幸恵、音楽監督:本山 哲、音響効果:古谷友二、音響制作:STUDIO MAUSU、アニメーション制作:エイトビット、製作:劇場版魔法科高校製作委員会、配給:アニプレックス

<Cast>
司波達也:中村悠一、司波深雪:早見沙織、千葉エリカ:内山夕実、西城レオンハルト:寺島拓篤、柴田美月:佐藤聡美、吉田幹比古:田丸篤志、光井ほのか:雨宮 天、北山 雫:巽 悠衣子、七草真由美:花澤香菜、渡辺摩利:井上麻里奈、十文字克人:諏訪部順一、アンジェリーナ=クドウ=シールズ:日笠陽子、九亜:小原好美

<劇場版主題歌>
GARNiDELiA 「SPEED STAR」(SACRA MUSIC)


■[PROJECT Samantha]
(C)Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C)Intelligent Machines Amaze You Inc.

■『劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女』
(C)2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事