logo

ディヴァース、「i-Construction」に準拠した3DスキャンデータをVRで活用するための実証実験を開始 ~VRビューワー「SYMMETRY alpha」を使用~

ディヴァース 2017年06月09日 09時00分
From PR TIMES

建築土木で利用される、ドローンやレーザースキャナによる点群データが、弊社ソフト「SYMMETRY alpha」にてバーチャルリアリティ空間に読み込み可能に

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc. (米国デラウェア州、 CEO:沼倉正吾 以下「ディヴァース」)は、 3DCADデータをバーチャルリアリティ空間に読み込み、再現する為のソフトウェア「SYMMETRY alpha(シンメトリー アルファ)」に、国土交通省が推進する「i-Construction」に準拠した点群データを読み込む実証実験を開始しました。
※点群データ:3Dスキャナーで物体や空間を計測し、多数の点の3次元座標を点群として記録するデータの事。



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]

【実証実験の内容】
この実験は、建築土木現場に最新IT技術導入の実施検証を行う建設業者ネットワーク組織である、やんちゃな土木ネットワーク(略称:YDN)とディヴァースの共同プロジェクトです。ディヴァースが開発した『SYMMETRY alpha』を使用して、ドローンで撮影した写真やレーザースキャナで作成した点群データ(地形、建物の3D座標及びRGBのカラー情報)などをバーチャルリアリティ空間内に読込み、実寸での現場への立ち入りや段階確認、出来形計測などを可能にするための実証実験となります。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

実在する場所を正確に再現し、立ち入ることが出来るため、現地に行かずに、情報をバーチャル空間上で確認することが可能になります。将来的には災害時の現地の崩壊状況を遠隔地からリアルタイムに確認したり、正確な距離や寸法を計測したりするなど、様々な用途に期待が寄せられています。

[動画: リンク ]



【国土交通省総合政策局公共事業企画調整課 新田恭士氏のコメント】
「VRの一番の強みはリアルな『疑似体験』ができること。現場の臨場感やスケール感が体験でき、瞬く間に理解度があがる。土木分野では、計画段階から設計者・地域住民・利用者が具体的な完成後のイメージを共有できる。工事段階では、作業者の危険分析だけでなく、時系列に工程プロセスを共有でき、施工管理だけでなく監督検査での利用も期待できる。VR活用の新たな提案により合意形成や意思決定を加速し、生産性が革新的に向上することを期待しています。」

[画像5: リンク ]



【SYMMETRY alpha(シンメトリーアルファ)について】
SYMMETRY alphaは、HMD(ヘッド・マウント・ディスプレイ)を使用するVRソフトウェアで、誰もが簡単に3DCADをVR化して、社内やクライアントとのイメージの共有、コミュニケーション、合意形成を円滑にします。フォーマットは米国Trimble社「SketchUp(スケッチアップ)」に対応しています。

SYMMETRYオフィシャルサイト:リンク

※シンメトリーとは「対称性」を意味し、ユーザーの頭の中に想い描いたイメージ、アイデアをそのままVR空間に投影し生み出すことが出来るモノ、場所として命名されました。


【DVERSE Inc.について】
2014年10月20日に米国デラウェア州にて設立。システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されています。
HMD/VRによる新たなクリエイティブ環境の開発で、世界に新しい価値を創出して行きます。

【やんちゃな土木ネットワーク(YDN)について】
自社だけの既存技術に頼りがちな土木技術者が「新しく有益な情報」を共有するために設立された有志による建設業者のネットワーク組織です。年3回の定例技術勉強会、会員からの技術発表や関係企業からのプレゼンを通じて技術向上を目指します。

やんちゃな土木ネット-ワーク オフィシャルサイト:リンク

【会社概要】
会社名:DVERSE Inc.(ディヴァース・インク)
所在地:113 Barksdale Professional Center, Newark, Delaware 19711 USA(米国本社)
:〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-45-2 西参道Kハウス 4F(日本オフィス)
設立:2014年10月20日
代表者:CEO 沼倉正吾
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。