logo

【トラベルコ】2017年5月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!ちょっと悲しいニュースからの逆転好感度アップで台南が急上昇!

350以上の予約サイトが多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコ」(リンク)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、本サイトにおける2017年5月の海外ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の旅行先を発表いたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トラベルコ 海外ツアー
リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ トラベルコ海外ツアー 検索人気ランキングTOP20
[ 1位] 台北 (台湾)
[ 2位] グアム (グアム)
[ 3位] ソウル (韓国)
[ 4位] ホノルル (ハワイ)
[ 5位] バリ島 (インドネシア)
[ 6位] 香港 (香港)
[ 7位] バンコク (タイ)
[ 8位] シンガポール (シンガポール)
[ 9位] セブ (フィリピン)
[10位] ダナン (ベトナム)
[11位] サイパン (サイパン)
[12位] ニューヨーク (アメリカ)
[13位] プーケット (タイ)
[14位] パリ (フランス)
[15位] ホーチミン (ベトナム)
[16位] 釜山 (韓国)
[17位] 上海 (中国)
[18位] ケアンズ (オーストラリア)
[19位] ロンドン (イギリス)
[20位] バルセロナ (スペイン)
※2017年5月1日~31日にトラベルコ海外ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。


朝鮮半島情勢の影響が続くソウルは、前月2位からさらに1つ順位を下げ、3位に。代わって浮上したグアムは、2016年9月以来8か月ぶりに2位を獲得しました。

また、2016年5月の海外ツアー検索人気ランキングと比較した人気急上昇の旅行先は下記の通りです。前年同月31位から17位に上昇した上海は、人気モデルがInstagramに上海旅行の写真をアップした影響で本ランキングTOP20に再ランクインした2016年10月以来好調をキープ。今回は豪華客船クイーンエリザベス号のセレブな乗客たちに同行取材を行うバラエティ番組の企画で、寄港地として登場したことで、検索数が上昇しました。前年同月66位から51位へと順位を上げたフィリピンのエルニドは、4月に引き続きビーチリゾートを紹介する人気テレビ番組で取り上げられた影響によるものです。

前年同月121位から94位となった台南では、日本統治時代に台南の烏山頭ダム建設指導に当たるなど、台湾の農業水利事業に大きな貢献をしたと評価される日本人技師 八田與一の銅像が、4月中旬に残念ながら一部損壊された状態で発見されていましたが、5月上旬に早くも修復が完了し除幕式が行われたことが多くの日本メディアで話題となりました。台南市のすばやい対応がむしろ好感を得て、このことが報道されたタイミングで検索数が上昇したものと考えられます。


◆ トラベルコ海外ツアー 人気急上昇の旅行先
[ 31位 → 17位] 上海 (中国)
[ 35位 → 24位] ハワイ島 (ハワイ)
[ 66位 → 51位] エルニド (フィリピン)
[118位 → 73位] 九份 (台湾)
[ 96位 → 74位] マドリード (スペイン)
[135位 → 84位] メキシコシティ (メキシコ)
[105位 → 89位] バンフ (カナダ)
[109位 → 92位] 西安 (中国)
[121位 → 94位] 台南 (台湾)
[133位 → 96位] コオリナ (ハワイ)
※2016年・2017年5月のトラベルコ海外ツアー検索人気ランキングを比較し、前年より10以上順位が上がり、100位以内にランクインしている都市。


6月以降も引き続き、トラベルコ海外ツアー検索人気ランキングの発表を予定しております。


[画像: リンク ]



≪株式会社 オープンドア概要≫
代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)
創立:1997年4月21日
資本金:6億4,829万円
従業員数:143名(2017年4月現在)
インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコ」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事