logo

AptuitがRegulus Therapeuticsとの戦略的プロバイダー契約を発表

Aptuit Holdings LLC 2017年06月08日 10時19分
From 共同通信PRワイヤー

AptuitがRegulus Therapeuticsとの戦略的プロバイダー契約を発表

AsiaNet 68820 (0836)

【グリニッチ(米コネティカット州)2017年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*提供領域は発見、CMC、非臨床サービス

Aptuit LLCのジョナサン・ゴールドマン最高経営責任者(CEO)は有力な提携研究機関であるAptuitと革新的なバイオ医薬品会社であるRegulus Therapeutics Inc(Nasdaq:RGLS)の間の戦略的プロバイダー関係を発表した。この契約にはマイクロRNAを標的とするRegulusのプログラムをサポートする広い範囲の発見、開発サービスが含まれている。

(Logo: リンク

ゴールドマンCEOは「Aptuitは標的から候補、候補から開発の治験新薬申請段階までの高品質のスタンドアローンおよび統合ソリューションを提供する。当社の科学専門知識と高い標準の化学、生物学は成功の可能性を増大させる。さらに、当社のスケールと全面統合されたエンドツーエンドのアプローチはタイムラインとコストを減少させ、RegulusのマイクロRNAに対する集中と素晴らしく適合する。同社のサポートによってRegulusはより多くのプログラムを並行して敏速に進展させられるだろうと信じている」と述べている。

Regulusのティモシー・ライト最高研究開発責任者はこれに付け加えて「Aptuitは発見、開発領域の有力な統合サービス・プロバイダーとして認められている。多くのサービス分野にわたってAptuitとかかわり、わが社の最も有望なマイクロRNAプログラムの進展を加速し、予想されているマイルストーンを達成し、効率を推進するのはうれしい」と語っている。

ゴールドマンCEOは結論として「わが社の使命は、優れた質と世界クラスの科学的な問題解決によって新たな医薬品の発見、開発を助けることである。Aptuitは科学的優秀性とイノベーションの文化にサポートされた全面統合医薬品発見、開発サービスのクラス最高のプロバイダーであることにコミットしている」と述べている。

▽Aptuitについて
Aptuitは、製薬業界の中間段階にある医薬品開発サービスに対し、最も包括的な早期発見法を提供する。これには薬物設計&発見、API(医薬品原薬と医薬製品)の開発・製造、固体化学、CMC(前臨床段階の化学・製造・品質管理)、GLP(優良試験所基準)/GMP(適性製造基準)プログラムを可能にする前臨床&IND(治験薬)などのサービスが含まれる。完全統合された医薬品発見・開発サービスは、英国、イタリア、スイスにある同社施設で利用できる。

Aptuit Holdings, LLCは、世界的な有力プライベートエクイティ投資家であるWelsh, Carson, Anderson & Stoweと提携している。

詳しい情報はリンク へ。

▽Regulusについて
Regulus Therapeutics Inc(Nasdaq:RGLS)はマイクロRNAを標的にした革新的な医薬品の発見、開発をリードしているバイオ医薬品会社である。Regulusはオリゴヌクレオチド医薬品発見・開発の専門知識を活用してバランスのよいマイクロRNA療薬のパイプラインを開発し、豊かな知的財産で補完してマイクロRNAの分野で主導権を維持している。Regulusは腎臓病、肝臓病、中枢神経系疾患でいくつかのプログラムを自社独自路線と戦略的提携パートナーのサノフィ、アストラゼネカとの提携を通じて進展させている。Regulusの本社は米カリフォルニア州ラホヤ。

詳しい情報はリンク へ。

ソース: Aptuit Holdings LLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。