logo

関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトが提供するLoRa方式によるIoTサービスの開発を支援

Automagi 2017年06月07日 15時00分
From PR TIMES

~LoRaWAN(TM)の仕様を拡張したLoRa方式のネットワーク・サーバ、アプリケーション・サーバの構築を支援~

大手企業向けにIoTソリューションの開発・提供を行っているAutomagi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻井将彦、以下Automagi)は、関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市 取締役社長:岩根茂樹 、以下関西電力)、株式会社ケイ・オプティコム(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:藤野隆雄 、以下ケイ・オプティコム)、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:平野拓也 、以下日本マイクロソフト)が開発した、LoRa方式を活用したIoTサービスにおいて、ネットワークサーバとIoTプラットフォームサーバのシステム設計と構築の支援を実施したことをお知らせいたします。



省電力広域(LPWA:Low Power Wide Area)ネットワークのひとつであるLoRaWAN™は、省電力で広域通信を可能にする点が特長で、IoT/M2M 通信でのビジネス利活用において世界中で注目を集めている技術です。
Automagiでは、これまで携帯電話会社など大手企業に対して提供してきた高い品質のシステムを構築する技術力と、2013年から取り組んできたIoT分野での技術コンサルティングとサービス提供のノウハウを活かし、LoRaWAN™を活用したシステムの企画から設計・開発・運用までを支援するサービスを2017年1月より提供しております。

関西電力、ケイ・オプティコム、日本マイクロソフトの3社共同プロジェクトであるLoRa方式によるIoTサービスの構築において、AutomagiはLoRaWAN™構築/開発支援サービスを提供し、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上に、LoRa方式のネットワークサーバ、アプリケーションサーバ、管理機能の設計・開発の支援を実施いたしました。
システムの特長としては、利用されるIoTサービスにあわせて、データをリアルタイムまたは定期更新で取得・可視化する機能や、マルチGWに対応するためにTCP、UDPに加え「Microsoft Azure」の「EventHub」を利用して数百万のイベントを効率よく収集、変換、保存することが出来るよう柔軟な構成になっております。また、ネットワークサービスを提供・管理するケイ・オプティコム向けに、データのトラフィックを監視する機能の設計・開発支援も実施しました。

Automagiでは、今後もLoRaWAN™のサービス提供を検討する企業に対し、システムの構築/開発の支援サービスを広く提供するとともに、独自AI(人工知能)ソリューション「AMY」(リンク)を活かした、IoTデバイスから収集したデータ解析AIも企業に提供することで、IoT市場の活性化に取り組んでまいります。
また、Automagiは、LoRaWAN™の仕様策定を推進する「LoRa Alliance」に2017年3月より加盟しており、LoRaの普及に向けた活動にも積極的に取り組んでまいります。

[画像: リンク ]


<Automagi 株式会社について>
Automagi株式会社は、通信キャリア向けの大規模ユーザシステムや人工知能技術を活用した金融機関などへのサービスの提供などを担当し実績としています。これら自社開発ノウハウを活かし、AI(人工知能)やIoTのソリューションの開発・提供をしています。

・お問い合わせ先
Automagi株式会社 事業開発 清水
TEL:03-5333-6131 E-mail:pr@automagi.jp URL:リンク

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。