logo

xAd, inc. ホワイトペーパー「モバイル 購入への道筋」(日本版)をリリース

xAd Inc, 2017年06月07日 13時00分
From PR TIMES

~ ロケーション情報からユーザーのニーズを理解し、最適なコミュニケーション手法を考察する ~

『購入のおよそ90%は、店舗で行われている』

世界最大規模のロケーション マーケットプレイスを提供する xAd, inc.(本社:アメリカ合衆国ニューヨーク州、創立者兼CEO:Dipanshu "D" Sharma、以下 xAd)は、日本国内の位置情報を活用したマーケティングの発展を目的に、ホワイトペーパー「モバイル 購入への道筋」をリリースいたしました。

調査結果の詳細はこちらからご覧ください:
リンク



現代の生活において、特にモバイルは、エンターテイメント、ビジネスなどの様々な場面で、手放すことが難しいツールのひとつとなってきています。
[画像1: リンク ]


このような環境下での消費者とのコミュニケーションは、消費者が「今どこにいて、何をしようとしているか」を理解することが重用です。

そしてマーケッターは、そこから消費者の行動やマインドセットを推測し「いつ」「どこで」「どのように」消費者にリーチすることが最良なのか、常に考える必要があります。

もし、消費者の「今」または「過去」のオフラインでの行動をマーケティング活動の情報源とすることができれば、その瞬間の消費者のニーズや期待、購入への意欲などのコンテキストをより深く推測することができます。

本レポートでは、消費者が置かれているオフラインでの状況を業種ごとに注目し、日本の消費者がモバイルをどのように利用し、購入への意思決定を行っているか、について包括的なインサイトを提供しています。


レポート内容


モバイルは購入への意思決定に不可欠です
ロケーションが消費者に影響を与える瞬間とは
ファストフード、小売、自動車購入者のコンテキストをロケーション情報から洞察する
いまマーケッターが最大限にモバイルを活用する方法



1. モバイルは購入への意思決定に不可欠です

[画像2: リンク ]


モバイルの利用が活発な日本においても、購入の 90% 近くが店舗で行われている(*)ことから、消費者のオフラインの行動においても、モバイルが重要な役割を担っていることが分かります。


「購入への道筋」における消費者の意思を理解するためには、マーケッターは消費者による様々な場面でのモバイルの利用状況を把握することが重用です。

(*) 本調査対象者へのアンケート結果


2. ロケーションが消費者に影響を与える瞬間とは

[画像3: リンク ]


消費者にとってモバイルは、自宅や職場、移動中などの様々な場面において「常に使用する」デバイスとなっています。
そのためマーケッターは、消費者がソファーでくつろいでいる時でも、外出先でも、モバイルを介すことによって、同じようにコミュニケーションすることができるようになりました。

しかし消費者のニーズやマインドセットは、その時にいる場所によって異なる可能性があります。消費者に最適なメッセージを届けるためには、その瞬間の消費者の外的環境による意識の違いをしっかりと理解しておくことが重要です。


3. ファストフード、小売、自動車購入者のコンテキストをロケーション情報から洞察する

[画像4: リンク ]


3.1 ファストフード - 頻繁かつ即時的で場所に依存する

ファストフードの購入は即時的で頻繁に行われるため、モバイルは購入への意思決定を自然に補うものとなっています。購入への意思決定プロセスが極めて短いこともあり、モバイルを用いたリサーチは、ほぼ毎回コンバージョンに至ります。

3.2 小売 - 今でも実店舗での購入が優勢

Eコマースやショッピング アプリ/ウェブサイトの成長が著しい一方で、消費者は今でも実店舗での最終的な購入を好んでいます。
小売の購入におけるモバイルの重要性と影響は、調査プロセス全般で見られますが、その一方、購入の約 75% は今でも店舗で完了しています。

3.3 自動車 - 長い検討プロセス=複数の接点

自動車の購入のように、より多くの時間をかけて検討を積み重ねることが必要な商材の場合、そのプロセスは大幅に長くなります。また購入金額もはるかに大きいため、消費者の1回1回の実店舗への来店は、購入への意思決定プロセスにおいて非常に大きな影響を与えます。


4. マーケッターがモバイルを最大限に活用する方法

モバイルへの依存度の高まりにより、購入への意思決定は単純なプロセスではなくなりました。しかしこれはマーケッターにとって複数の接点で消費者にリーチする絶好の機会となります。
モバイルを介して消費者にメッセージを届ける際、その瞬間の消費者のニーズを理解し、消費者とブランドの両者が共有できるカスタマイズされた体験を提供することが、モバイルマーケティングにおける成功への道筋です。

その瞬間の消費者のニーズの理解やカスタマイズされた体験の提供には、現在の消費者のコンテキストを把握できるロケーション情報が非常に役立ちます。

消費者の現在位置や過去の訪問履歴からは、閲覧したウェブサイトや利用しているアプリよりも多くのニーズや意思に関する情報を読み取ることができます。


調査結果の詳細はこちらからご覧ください:
リンク


以上


<xAdについて>
xAdは、これまで推測に基づいて行っていたモバイルマーケティングを、リアルタイムの位置情報をベースとした確実性の高いものに進化させます。特許技術を有するxAdのテクノロジーを活用すれば、消費者のオフラインにおける行動パターンに基づき、パーソナライズされたメッセージを正しい場所で届けることができます。グローバルで1億以上のPOI(Point of Interest)データにより定義された圧倒的な精度、そして、月間6億ものユニークデバイスにリーチできるスケールにより、実際のロケーションに基づいた関連性と正確性が創り出す次世代のマーケティングを提供します。

日本法人Webサイト:リンク
本件に関するお問い合わせ先:
xAd, Inc.
カントリーマネージャー 安里勇吾
E-mail: japan@xad.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。