logo

EC購入経験率4割!キッチン用品は「コスパ」重視。EC調査 キッチンアイテム編【BWRITE(ブライト)】

株式会社 ADDIX 2017年06月07日 11時34分
From PR TIMES

「女性」×「デジタル」×「データ」を軸に、ビジネスのヒントをお届け。最新マーケティング情報メディア「BWRITE」自主調査レポート。

デジタルマーケティングカンパニーの株式会社ADDIX(所在地:東京都港区、代表取締役:酒井大輔 以降、ADDIX)が運営する、マーケティング情報メディア「BWRITE(ブライト)リンク」は2016年12月、20~40代の女性300人に対して「ECについての意識調査」を実施。本日6月7日(水)に「キッチンアイテム編」レポート記事を公開いたしました。



[画像1: リンク ]


<「ECについての意識調査【キッチンアイテム編】」レポート>
リンク
(結果詳細・購入サイト別のコメント抜粋はこちらから)

<レポートTOPIC>


キッチンアイテムのEC購入率は4割。
購入頻度は、どの年代でも「年に1回以下」が最多。
購入先は、1位「楽天市場」、2位「Amazon」。
購入サイトの気に入っている点は、「安さ」「使い慣れている」。



<Q>あなたは『キッチンアイテム』を『EC』でどのくらいの頻度で買っていますか?

[画像2: リンク ]



<調査結果の概要>
■「キッチンアイテム」EC購入率は約4割。化粧品、ファッションよりも低い割合。
「キッチンアイテム」のEC購入経験者は約4割でした。化粧品の約6割(※1)、ファッションの約7割(※2)に比べて低い割合です。また年代別では、もっとも購入率が高いのは30代、単身者の割合が高い20代でもっとも低くなっています。

■購入頻度「年に1回以下」が最多。ライフスタイルや意識によって購買行動に差が。
購入頻度は、どの年代でも「年に1回以下」がもっとも多く、多くの女性にとってはあまり頻繁にECで買わないアイテムと言えそうです。ただし30代では、月に1回以上購入する人が約10人に1人おり、ライフスタイルや意識によって購買行動の差が大きいようです。

■購入先1位「楽天」、2位「Amazon」。楽天購入者の7割、ファッションも楽天で。
購入先サイトでは、1位が「楽天市場」、2位が「Amazon」でした。さらに調べると、「楽天市場」での購入者の7割は「ファッション」も「楽天」で購入していました。ポイント重視の楽天ユーザーでは、欲しいものがあると、まず楽天で商品を探すようです。

■購入先は「安い」「使い慣れている」サイト。ニトリ購入者は「デザイン性」も評価。
購入サイトの気に入っている点では、「安さ」「使い慣れている」という回答が目立ちました。楽天購入者は、「ポイント」を、Amazonでは「配送面」を評価する声が目立ちます。ニトリのECサイト購入者では価格とデザイン性の両方を評価する声も上がりました。女性の欲張りなこだわりを同時に叶えていることが人気の秘密のようです。

(※1)「ECについての意識調査【化粧品編】(1)」(リンク)、(※2)「ECについての意識調査【ファッションアイテム編】(1)」(リンク)による。

【まとめ】
◇購買行動は2極化。選ばれるのは「お得で」「気に入った商品が見つかる」サイト
キッチンアイテムは、どの程度キッチンを使うかによって必要度が異なるため、全く買わない層と、購入する層とに大きく分かれます。EC購入に限定した今回の結果からも、購買行動の2極化が伺えます。また、購入先選びでは「安さ」や「ポイント」などのコスパ面だけではなく、「使い慣れていること」を重視する人が多いようです。

「ニトリ」のECサイトで購入したユーザーからは、価格とデザイン性の両方を評価する声が見られました。ポイント重視の傾向が強い「楽天」ユーザーからも、多くの店舗から商品が選べることを評価する声があがっています。

毎日使うキッチンアイテムだからこそ、ポイント付与や安さなどの「お得さ」を大前提にしつつ、なるべく満足のいく商品を選びたいもの。そんな、女性の欲張りな気持ちが伺える調査結果です。

→ 購入サイト別の「気に入っている点のコメント」の内容は?
→「楽天」で「キッチン」も「化粧品」も「ファッション」も買う女性の割合は?

本調査のさらなる詳細は、マーケティング情報メディア「BWRITE(ブライト)」にて公開しています。
結果グラフをまとめた「ECについての意識調査【キッチンアイテム編】」レポートもご用意しております。ご希望の方は、BWRITEお問い合わせページ(リンク)よりお問い合わせください。

▼結果詳細、コメント抜粋は、こちらから
<「ECについての意識調査【キッチンアイテム編】」レポート>
リンク

<調査概要>
「ECについての意識調査【キッチンアイテム編】」(調査実施:BWRITE)
【実施期間】
2016年12月22日(木)~12月26日(月)
【調査対象・人数】
Fastaskモニター会員である20~40代の女性300名(有効回答から300名を抽出)
(年代別内訳:20代、30代、40代 各100名ずつ)
【調査方法】
WEBアンケート方式
【調査企画・設計/調査主体】
BWRITE(運営:株式会社ADDIX)
【テキスト分析】
ADDIX アナリティクスユニット
【調査実施機関】
ジャストシステム「Fastask」

※この調査での「EC」はBtoCのみを指し、フリマアプリなどのCtoC(個人間取引)は除きます。

※本調査結果のご利用について
本調査結果をご利用の際は、出典として情報メディア「BWRITE」を明記していただきますようお願いいたします。また、WEBでのご掲載の際は、併せて、BWRITEの記事ページ(リンク)、または、トップページ(リンク)へのリンクをお願いいたします。
(クレジット表記例)
出典:マーケティング情報メディア「BWRITE」(リンク)・・・など

<「BWRITE(ブライト)」について>
「BWRITE」は、デジタルマーケティングカンパニーADDIXが運営する、マーケティング情報メディアです。「女性」×「デジタル」×「データ」を軸に、女性の購買行動や消費心理について知りたいと考える全ての企業の方に向けて、最新のマーケティング情報や独自企画の調査データ、スペシャリストへのインタビューなど、企業のマーケティング活動に役立つ価値の高い情報をお伝えしていきます。
リンク

【株式会社ADDIX 会社概要】
会社名:株式会社ADDIX
代表者:代表取締役 酒井大輔
所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階
事業内容:デジタルマーケティング事業
インターネットビジネスの企画・開発・運営
EC支援マーケティング支援
コンサルティングデザイン&コンテンツクリエイティブ
システムソリューションの企画・開発
メディアプロデュース
リンク

関連会社:
株式会社 2.(ツードット)リンク
株式会社 SUGOI(スゴイ)リンク

【本件に関するお問い合わせ】
■BWRITE(ブライト)についてのお問い合わせ
株式会社ADDIX
BWRITE編集部:松本桂子
Mail:bwrite@addix.co.jp
TEL:03-6427-7621

■ADDIXについてのお問い合わせ
株式会社ADDIX
きっかけ推進室 広報:東度(とうど)亜衣
Mail:info@addix.co.jp
TEL:03-6427-7621

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事