logo

~TIS、 DAC、富士通と連携強化、ANA、スルガ銀行等から受注~ティーリアム、カスタマーサクセスチーム強化、データセンター設立による日本事業の拡大を発表

Tealium Japan 2017年06月06日 18時20分
From PR TIMES

エンタープライズデジタルソリューションのユニバーサルデータハブ、リアルタイムデータ統合ソリューションのリーダーである米Tealiumの日本法人ティーリアムジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:Andy Clark)は、TIS株式会社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)、富士通株式会社とのパートナー連携を強化しました。新規顧客として全日本空輸株式会社(ANA)、スルガ銀行から受注しました。2014年9月設立以降の大幅な事業拡大に伴い、組織・サポート体制強化とデータセンターの設立を発表しました。

Marketing Technology Landscape Supergraphic (2017): Martech 5000*によると、2017年時点で世界には5000を超えるデジタルマーケティングツールが存在すると言われています。Emailキャンペーン、カスタマーリレーションマネジメント(CRM)、データマネジメントプラットフォーム(DMP)、マーケティングオートメーション(MA)など、関連サービスが細分化しています。企業は、データの繋がりがないために、ビジネスのパフォーマンスに影響する顧客データ等の繋がりが見えない、という課題を抱えています。Tealiumは、データのサイロ化によるマーケティング施策の行き詰まりや、システム運用業務の負担増を解決し、1000以上のデジタルツールを連携するユニバーサルデータハブを提供します。これにより、リアルタイムのビジネスデータ提供とデータの統合・活用を実現します。
* 2017年5月10日chiefmartec.com、スコット・ブリンカー著
リンク

日本でのビジネス及び顧客数が順調に伸びていることを受け、日本法人の人員を2016度末より倍増しました。Tealium製品導入と運用をより強力にサポートするため、日本におけるカスタマーサクセスチームを強化しました。

更に高品質なサービスを提供するため、2017年5月に日本で新たにデータセンターを設立しました。顧客データのガバナンスとセキュリティ向上を実現します。

Tealiumはグローバルで2016年度の売上が前年比約60%成長しています。

【ANA、スルガ銀行が新たに採用】
世界750社以上の企業がTealiumを利用しています。ティーリアムジャパンでも新たに全日本空輸株式会社(ANA)、スルガ銀行株式会社にデジタル統合ソリューションとして採用されています。各社のコメントは以下です。

全日本空輸株式会社
マーケティング室 マーケットコミュニケーション部、スーパーバイザー
永山裕氏
「Tealiumを導入することにより、様々なシステムやデータベース上で蓄積してきた顧客データを連携し、リアルタイムに管理・活用できるようにしたいです。それによって顧客へのタイムリーなアプローチを実現したいと考えています。」

スルガ銀行株式会社
杉山拓也氏
「リテール向け金融サービスの提供において、Webやアプリなどのデジタルチャネルにおけるお客さまの行動をリアルタイムに把握・セグメントし担当者のアクションにつなげることは、デジタル時代のマーケティング"カルチャー"になるでしょう。これが実現できるソリューションとしてTealiumの導入を決定しました。」

【TIS、DAC、富士通との連携強化】
ティーリアムジャパンは、パートナーと連携することで顧客企業のビジネス支援を強化しています。TIS株式会社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)、富士通株式会社のコメントは以下です。

TIS株式会社
産業事業本部 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部、事業部長、執行役員
陀安哲氏
「ティーリアムジャパンの組織拡大・日本地区へのサービス環境拡張について心よりお祝い申し上げます。データ統合とリアルタイムアクションという特徴を持つTealiumのサービスは、企業と顧客の間に起こる様々なコミュニケーション課題を発展的に解決するものと確信しております。」

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
ソリューションサービス担当、取締役執行役員
田中雄三氏
「ティーリアムジャパンの設立当初から、日本におけるビジネス支援において協業してきました。デジタルマーケティングが拡大する中で、更に連携を強化します。」

富士通株式会社
イノベーティブIoT事業本部、デジタルマーケティング事業部、事業部長
平山将氏
「Tealium社との協業により、当社のリアルタイムマーケティングを支援するソリューション「eXperience Data Platform(XDP)」は、リアルタイムな顧客理解とパーソナルなアプローチが提供可能になりました。Tealium社の技術と富士通のデータ分析技術等の組合せにより、企業の顧客体験価値の継続的な向上を実現し、ビジネス競争力を強化してまいります。」

Tealium Inc. ゼネラルマネージャー アジアパシフィック(APAC)、Andy Clark(アンディ・クラーク)は、「Tealiumにとって日本は、APAC最大の市場です。日本を代表する企業の皆様に支えられ、速やかに成長してきました。より多くのお客様に付加価値を提供できるよう、今後も積極的に投資していきます」と述べています。
ティーリアムジャパン株式会社 カントリーマネジャー、安藤嘉教は、「日本市場の成長とともに、日本法人もお客様企業の成功を支える組織を築きました。パートナー企業との連携強化と、質の高い人材の積極採用、データセンターの運用により、更なる成長を実現します」と述べています。

【ティーリアムジャパンについて】 リンク
ティーリアムジャパンは、エンタープライズデジタルソリューションのユニバーサルデータハブ、リアルタイムデータ統合ソリューションのリーダー企業、Tealiumの日本法人です。あらゆるデジタルマーケティングアプリケーションと断片化したデータをシームレスに一元管理します。企業は、Tealiumのオープンなプラットフォームにより、顧客データをはじめとするビジネス上重要なセグメントデータをリアルタイムに連携し、より収益性の高いオムニチャネルインタラクションやデータ統合・活用を実現できます。収集した高品質な自社保有データをビジネスインテリジェンスやデータウェアハウスで活用することができます。世界750社以上がTealiumを利用しています。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。