logo

A10、PFS/ATS対応のSSL暗号処理を高速化する次世代ADC製品群を日本市場で提供開始

~ 第3世代のSSL / TLS専用ハードウェアにより、他社の従来製品と比較して最大2倍のSSLパフォーマンスを低コストで実現 ~

A10ネットワークス株式会社は本日より、PFS/ATS対応のSSL暗号処理を高速化する「第3世代 SSL / TLS専用ハードウェア」を搭載した次世代ADC製品「Thunder ADCシリーズ」の最新モデルを、日本市場で順次提供開始することを発表します。

セキュアアプリケーションサービスカンパニーであるA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は本日より、PFS/ATS対応のSSL暗号処理を高速化する「第3世代 SSL / TLS専用ハードウェア」を搭載した次世代ADC製品「Thunder ADCシリーズ」の最新モデルを、日本市場で順次提供開始することを発表します。

 現在、常時SSL(暗号)化が進み、グローバルでは50%近く、日本においても25%近くのトラフィックが暗号化されていますリンク(Google社のHTTPS の使用状況調査より)。また、Perfect Forward Secrecy(PFS)や、後述のApp Transport Security(ATS)で使用される楕円曲線暗号(ECC)などの高度な暗号処理も普及し、国際コンピュータ科学研究所(ICSI)による分析によると、既に暗号化されたトラフィックの85%以上でPFSとECCが使用されていますリンク
 このように、あらゆるアプリやWebサイトで高度なSSL暗号化の採用が進んでいます。特にApple社が発表したセキュリティ機能であるATSでは、アプリの通信方式をHTTPSかつPFSに対応した暗号スイートを必須としているため、アプリケーション事業者の対応は急務です。その一方で、これらのPFS/ATS対応の暗号スイートは、従来の暗号方式と比較して処理負荷が高くなるという課題がありました。

 A10が新たに提供するThunder ADCシリーズの最新モデルは、この処理負荷の高いPFS/ATS暗号スイートの処理を高速化します。旧モデルと比較して約10倍、同価格帯の他社製品と比較しても最大2倍の処理性能を備え、より強固なセキュリティとパフォーマンスを両立したアプリケーションサービスを実現します。

 第3世代のSSL / TLS専用ハードウェア搭載の最新モデルは、Thunder ADCシリーズに加えて、A10のSSL可視化製品「Thunder SSLi(SSL Insight)」および、ファイアウォール/クラウドプロキシ製品「Thunder CFW(Convergent Firewall)」シリーズでも同じく提供します。

 Thunder ADCの最新モデルが提供するアプリケーション配信とサーバー・ロード・バランシング機能は、処理負荷の高いSSL / TLS処理をWebサーバーからオフロードし、アプリケーション配信速度を高速化することにより、サービス利用者に対してより安全で快適なサービスを提供します。Thunder SSLiの最新モデルは、40 Gbps以上の暗号化されたトラフィックを可視化し、他社のセキュリティ製品と連携することで、SSL通信を悪用する攻撃から企業を保護します。

■新モデルの概要
 高い暗号処理性能
   o 処理負荷の高いPFS/ATS対応暗号スイートの処理を高速化
     例)TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256、    
       TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384など
 スケーラブルなパフォーマンスと最小のTCO
   o Thunder ADCシリーズ:
     ・PFS/ATS対応暗号スイートのSSL/TLS通信において、他社の従来製品と比較し
      最大2倍のコネクション/秒(CPS)のパフォーマンスを低コストで実現
     ・SSLオフロードにおけるSSLコネクション当たりのコストを、他社製品と比較し
      半分に削減
   o Thunder SSLiシリーズ:
     ・PFS/ATS対応暗号スイートのSSL/TLS通信の可視化において、40 Gbps以上の
      トラフィックを可視化可能
 対象モデル
   o Thunder ADC、Thunder SSLi、およびThunder CFWシリーズのThunder
     3040S、3230S、3430S、4440S、5330S、5440S、5840S

■提供開始時期と価格
 第3世代のSSL / TLS専用ハードウェア搭載のThunder 3040S、4440S、5440S、5840S は、本日より日本市場にて提供開始します。全ての製品は、パートナー企業を通じてオープン価格で提供します。
※Thunder 3230S、3430S、5330Sは2017年第三四半期に提供開始予定です

■Interop Tokyo 2017での展示
 A10は、6月7日から幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2017」にて、今回発表したThunderシリーズの最新モデルを展示します。また、展示を行うThunder 4440Sは、「Interop Tokyo 2017 Best of Show Award」のパフォーマンスオプティマイゼーション部門のファイナリストにノミネートされています。

<Interop Tokyo 2017出展概要>
●ブース番号:6M24
●主な展示内容:
・PFS/ATSに最適化したThunderシリーズ の最新モデル
・マルチクラウドのアプリケーション配信・管理が可能なHarmony Controller
・最上位モデルThunder 14045による300Gbpsスループットの Gi/SGiファイアウォール

■参考画像:第3世代のSSL / TLS専用ハードウェア搭載Thunder 4440S
リンク

●A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
 A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングとセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。
 A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。
URL:リンク
Facebook:リンク

A10 ロゴ, A10 NetworksおよびA10 Thunder ADCは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。