logo

アスクル「LOHACO」マナミさんに導入される「LINE カスタマーコネクト」正式版の自動応答エンジンとしてBEDOREが採用

株式会社BEDORE 2017年06月05日 14時30分
From PR TIMES



株式会社BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役社長:安野 貴博、以下「BEDORE」)が提供する自動応答エンジン「BEDORE(べドア)」が、アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩田 彰一郎)が運営する「LOHACO(ロハコ)」のAIチャットボット「マナミさん」の「LINE カスタマーコネクト」*の正式版対応のAuto Replyエンジンとして採用されました。

LINE カスタマーコネクトの正式版は、本取り組みが初の実装案件であり、株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤 雅己)や有人チャット「モビエージェント」対応ツールを提供するモビルス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 智宏)と連携して実現しました。今後とも各社と連携を深めながら、質の高いサービスを提供してまいります。
[画像1: リンク ]

BEDOREは業界固有表現辞書(日本語)と汎用的なシステムアーキテクチャにより、今後とも多種多様な業界のカスタマーサービス領域において、高い精度の自動化と効果的な業務サポートを実現してまいります。


*: LINE カスタマーコネクトとは
LINE株式会社が提供する「LINE カスタマーコネクト」は、コンタクトセンターがLINEを介して、AIや有人によるチャット対応や音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現するサービスです。


[画像2: リンク ]

会社名:株式会社BEDORE
所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル 4F
代表者:代表取締役 安野 貴博
URL:リンク

<事業内容>
BEDORE(べドア)は、カスタマーサービス領域において、自然言語処理技術を用いた汎用型対話エンジンを提供しています。これまで人手で行われていた接客・コールセンター・FAQ対応において、自動化・半自動化を実現します。海外のソリューションでは難解な日本語の解析と生成を、BEDOREが保有する業界固有表現辞書(日本語)と、汎用的なシステムアーキテクチャにより高い精度の自動化・業務サポートを実現します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。