logo

Passport Systemsがベトナム税関へのSmartScan 3D(TM)販売で基本合意書に調印

Passport Systems, Inc. 2017年06月05日 14時38分
From 共同通信PRワイヤー

Passport Systemsがベトナム税関へのSmartScan 3D(TM)販売で基本合意書に調印

AsiaNet 68790 (0816)

【ノースビルリカ(米マサチューセッツ州)2017年6月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*SmartScan 3D(TM)18基を10億米ドルで販売と基本合意書

Passport Systems, Inc.(Passport)は5日、ベトナム税関総局にSmartScan 3D(TM)スキャナー18基を販売するため、216 Company JSCと基本合意書に調印し、国際貨物の安全が大きく前進したと発表した。SmartScan 3D(TM)スキャナーは例え遮蔽されていても無類の速さと正確さで放射性物質の脅威を探知できる世界最新鋭の自動貨物検査システムを含む。

Logo - リンク

密輸品探知をオペレーターの肉眼のみに頼る従来の貨物検査システムと異なり、SmartScan 3D(TM)スキャナーは貨物の識別にその材料特性に基づく先進的技術を利用する。コンテナを開けずに3次元の画像を提供しながら重要物質を標的にして探知し、オペレーターに密輸品の存在を注意喚起する。このシステムは核物質、爆発物、麻薬、神経ガス、小火器部品、その他の密輸品を自動的に探知するだけでなく、水とアルコールを識別する感度も備えている。これらの技術は国内外の港湾に現在配備されているシステムよりはるかに優れている。

Passport Systems, Inc.の社長兼最高経営責任者(CEO)兼取締役のロバート・ルドゥー博士は「Passportは216 Company JSC、ベトナム税関との提携を発表できて非常に喜んでいる。これらのスキャナーの購入、設置、利用は米国とベトナムの双方の勝利だ。スキャナーは世界の安全を向上させつつ、貿易の流れを改善し、かなりの数の雇用を創出する。われわれは今後数年間のベトナム税関総局との協力に期待している」と語った。

米連邦議会は2006年、米国に向かう貨物の安全を米国到着前に強化するため、米国に各国との連携を義務付けるSAFE Port Act(セーフポート法)を通過させた。同法は米国の港湾の保護と国家安全保障の強化の必要性が高まった結果、大きな超党派の支持を得て可決された。PassportはSAFE Port Actに触発されてSmartScan 3D(TM)スキャナーを開発した。

全ての米国向け貨物の安全要件の順守と両国間貿易の増進への献身を強く示し、216 Company JSCとベトナム税関総局は、本日の基本合意書調印によってSmartScan 3D(TM)スキャンシステム購入の意思を表明した。この合意の実行は米国、ベトナム双方の貨物の安全を向上させ、両国の国家安全保障に肯定的な影響をもたらすだろう。さらにSmartScan 3D(TM)スキャナーの技術は密輸と密輸品の港湾通過阻止に役立ち、税金と輸入関税のより正確な徴収につながるだろう。この能力は商品のベトナム港湾通過を迅速にし、ベトナムと取引する米企業にとっては好都合なものであり、両国間の貿易増進につながるに違いない。

▽Passport Systemsについて
Passport Systemsは、9・11テロ攻撃の直後に世界が直面する脅威に対応する新たな技術の開発と商品化のために創設された。マサチューセッツ工科大学(MIT)の技術者と起業家のチームが創設したPassport Systemsは、見事に2種の最先端製品群を開発した。核共鳴蛍光技術に基づくSmartScan 3D(TM)Automated Cargo Inspection System(自動貨物検査システム)と、先進的なデータフュージョン・アルゴリズムを利用したSmartShield(TM)Networked Radiation Detection System(ネットワーク放射線検知システム)である。Passport Systemsとその製品、サービスの詳細は次を参照。

www.passportsystems.com
Twitter:@PassportSys
Facebook:リンク

ソース:Passport Systems, Inc.

▽メディア問い合わせ先
Liesl Sheehan
ADS Ventures, Inc.
Tel: +1-617-775-0923 (cell) / +1-617-236-5830 x.101 (office)
Email: Liesl@adsventures.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。