logo

「0℃」にできるワインセラー。「0℃」だからできる日本酒セラー、ビールクーラー。5機種同時発売!

さくら製作所株式会社 2017年06月05日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年6月5日

さくら製作所株式会社

「0℃」にできるワインセラー。「0℃」だからできる日本酒セラー、ビールクーラー。5機種同時発売!

新しい製品、ZERO CLASS。ワインセラーの最も重要な部分を劇的に進化させました。最小のサイズに最大の収納本数。超効率的な冷却性能。コンプレッサー駆動音の静音化。高い断熱力を備えた新開発のガラス扉。使いやすさはもちろん、ワインセラーの最も重要な性能である「温度・湿度」の制御を究極に近いところまで高めました。

世界最高クラスの性能をもったワインセラーを超えた、ワインセラーです。


2017年6月5日より当社販売店様でご予約の受付を開始いたします。

ZERO CLASS Smart (3機種)  発売日:2017年6月20日予定
ZERO CLASS Premium (2機種) 発売日:2017年7月20日予定

●「0℃」に設定できる初めてのワインセラー
0℃に設定できるので、ワインセラーとしてだけではなく、本格的な「日本酒セラー」として、キンキンに冷やす「ビールクーラー」としてもお使いいただけます。ワインに「0℃」設定は不要。でも、ワインの保管に適した「10-15℃」帯域の温度維持性能に関しては、すさまじい性能を誇ります。それは、「0℃」に設定できる圧倒的な冷却能力、断熱性能があるからです。

● ほぼ完ぺき、理想的な温度制御。
ワインの「液体温度」のふるまいをデータベース化し、そこから得られた特性を基に、全く新しい温度制御プログラムを開発しました。だから、ワインの液体温度の「ブレ」を、0.1℃以下にまで安定させることができます。さらに、庫内の温度差や湿度も高性能化。ワインセラーとしてほぼ完ぺきな温度維持性能を持っています。これも、「0℃」設定の恩恵です。

●庫内をワインで満タンにしたときに最も効果を発揮する内箱
金型技術を工夫して新開発した新しい内箱「ボトルフィットのくぼみ」。ボトルがうまく収まるように配慮された特別な形をしています。素晴らしいワインを沢山味わってもらいたいので、ワインで満タンにしたときに最も省エネになるように設計しています。

●縁の下の力持ちは日本の技術
ファンモーター、コンプレッサー、パワーリレーなど駆動する部品は、より厳しい評価基準に従って選んでいます。結果的に、日本の企業が作る部品が多く搭載され、製品の信頼性の向上に寄与しています。

●すごいガラス扉
Low-Eガラス。住宅などに使われる断熱や遮熱に優れた特殊ガラスを国内で初めてワインセラーに搭載しました。さらに、紫外線カット率99%。昨今はやりのロボット掃除機などがガラスへぶつかる「蓄積」を軽減するガードフレーム構造など、アイデアと技術が惜しみなく盛り込んだ「すごい」扉です。新しく、扉ガラスの「破損」に6か月間(自然破損、1回限り)の保証期間を設けています。

ワイン好きが作った当社。より詳しい内容は、語りだしたら止まらないほどさらに盛りだくさんです。ワイン好きだからこそできる技術や性能。是非当社ホームページをご覧ください。

さくら製作所公式サイト リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。