logo

【次世代のビジネスリーダーにお勧め!】周りに差が付く最新レッツノートとポータブルSSDが本日発表!Twitterフォロー&RTキャンペーンも実施中!

パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 2017年06月02日 14時14分
From PR TIMES



■ビジネスシーンで求められる「スピード」と「信頼」に応えるレッツノート

[画像1: リンク ]

レッツノートは、ビジネス用のノートパソコンとして欠かせない「軽量・長時間・頑丈」にこだわって進化してきました。例えば最新のRZシリーズなら、世界最軽量(*)の約745g(※1)、約11.5時間の長時間駆動(※2)、さらに、机からの落下まで想定した頑丈設計です。
もちろん最新のOS「Windows10(※3)」と最新のインテルCPUを搭載し、高い処理性能をキープ。圧倒的なスピードとタフさ、時には柔軟な対応力を発揮し、すべての次世代リーダーのビジネスをサポートします。
* インテル(R) Core(TM) プロセッサー搭載、コンバーチブルPCにおいて(2017年6月2日現在)。

▼次世代リーダーのための「Challenge For Business」サイト
リンク

■カスタマイズレッツノートは15周年!
2017年、カスタマイズレッツノートは15周年を迎えることができました。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございます。

▼動画:カスタマイズレッツノート歴代プレミアムエディション
リンク
[動画1: リンク ]



▼おススメの「RZ」カスタマイズレッツノート チャレンジングモデル
リンク

■レッツノートに「ポータブルSSD」を組み合わせて、ビジネスライフをもっと快適に!
▼動画:ポータブルSSDの特長紹介
リンク
[動画2: リンク ]


速い・軽い・強い! ポータブルSSDは、大きなデータの受け渡しにも最適な最大400MB/秒(※4)の高速データ転送を実現。手のひらサイズで、重さはわずか25g(※5)。さらに、万一のトラブルにも壊れにくい頑丈設計です。パソコンにつなぐだけでPC本体の保存領域が増えたかのように快適に仕事ができます。もちろん、レッツノートと相性抜群です!

▼ポータブルSSD 製品サイト
リンク

■レッツノートとポータブルSSDが当たる!最大4回まで応募可能なTwitterフォロー&RTキャンペーン実施中!

[画像2: リンク ]



2017年6月2日~2017年6月30日の期間中、キャンペーン応募規約に同意の上、Twitter Panasonic Japan公式アカウント「@Panasonic_cp」をフォローし、毎週投稿される対象のツイートをリツイートして頂いた中から抽選でレッツノート、またはポータブルSSDがそれぞれ1名に当たります。ご応募お待ちしております!

(対象のツイートは以下の日時に投稿されます)
・第1回目:2017年6月2日(金)13:00 レッツノートRZ パナソニックストアモデル
・第2回目:2017年6月12日(月)13:00 ポータブルSSD 512GB
・第3回目:2017年6月19日(月)13:00 レッツノートRZ パナソニックストアモデル
・第4回目:2017年6月26日(月)13:00 レッツノートRZ パナソニックストアモデル

▼フォロー&RTキャンペーンサイト
リンク


<レッツノートについてのご注意>
※1 付属のバッテリーパック装着時。平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
※2 JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。バッテリーのエコノミーモード(ECO)無効時。エコノミーモード(ECO)有効に設定しているときの駆動時間は、無効時の約8割になります。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。
※3 お買い上げ時にインストールされているOS、リカバリー機能またはリカバリーディスクを使ってインストールしたOSのみサポートします。

<ポータブルSSDについてのご注意>
※4 当社の試験結果に基づいています。実際の読み出し、書き込み速度は使用する機器、ファイルサイズ等の条件により異なります。
※5 ケーブルを除く、本体のみ。各製品で質量が異なる場合があります。

<キャンペーンについてのご注意>
※ 以下の場合は当選対象外となります。あらかじめご了承ください。
・当選発表前に@Panasonic_cpのフォローを解除された場合
・非公開アカウントで応募された場合
・応募時のツイートを削除された場合


【関連情報】
▼パナソニック レッツノート 商品情報
リンク

▼パナソニック パソコン・周辺機器 商品情報
リンク

▼Twitter Panasonic Japan 公式アカウント
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。