logo

組み込みシステムのトレース解析とランタイム動作評価を簡素化したPLS製UDE 4.8発表

組み込みシステムのトレース解析とランタイム動作評価を簡素化したPLS製UDE 4.8発表

2017年6月1日、ポジティブワンは、組み込みシステムのトレース解析とランタイム動作評価を簡素化PLS製UDE 4.8発表し、PLSエンベデッドツールの販売を強化します。

ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、PLSプログラマブルロジックアンドシステム社による組み込みシステムのトレース解析とランタイム動作評価を簡素化PLSのUDE 4.8発表に伴い、PLSエンベデッドツールの販売を強化します。

複雑なハイエンドSoCのデバッグとテストに最適なユニバーサルデバッグエンジン(UDE)のバージョン4.8には、非常に大規模なトレースデータ、およびリアルタイムオペレーティングシステムのランタイム動作を評価するために使用されます。

今日では、PLSのユニバーサル・アクセス・デバイス3+(UAD3 +)や Auroraなどのブロードバンド・トレース・インターフェースのような高性能で現代的なアクセス・ハードウェアのおかげで、最高4GBまでのトレース・データを簡単に記録することができます。 UDE 4.8の強化されたトレース分析により、開発者はこの非常に大量のトレースデータをより迅速に検索することができます。 UDE 4.8の「Find all」機能は、機能エントリや特定のメモリ位置へのアクセスなどの単一のイベントだけでなく、完全なデータセットを1回の検索で実行するイベントのシーケンス全体を検索します。検索結果は、非常に簡単で快適なナビゲーションを可能にするブックマークによってユーザに提示される。さらに、UDE 4.8は、実行時の動作をより効率的に調査するための包括的なコールグラフ分析によって拡張されています。関数の呼び出し階層の提示に加えて、最適化タスクのための貴重なプロファイリング情報を開発者に提供します。得られたトレースデータは、データバンクに格納され、そこからいつでも再ロードすることができます。実際のトレース解析もオプションでオフラインでも実行できるため、たとえば高価なHIL(Hardware-in-the-Loop)システムなどの通常の長い占有時間を回避できます。

もう1つの新機能は、OSEK(オープンシステムと自動車内のエレクトロニクスのためのインタフェース)標準に準拠したリアルタイムオペレーティングシステムのランタイム動作を評価するためのアドインです。 UDE 4.8は、OSEKランタイムインタフェース(OSTIK)によって定義されたオペレーティングシステム変数のトレースベースの監視だけで、オペレーティングシステムの計測を行わずにランタイム情報を収集することができます。 Best Trace Format(BTF)のエクスポート機能は、一般的なタスク分析ツールを使用して、分析されたデータのその後の評価と可視化を簡素化します。

ユニバーサルデバッグエンジン(UDE)のバージョン4.8では、COMベースのオートメーションインターフェイスのドキュメントが完全に改訂されました。とりわけ、UDEのさまざまなスクリプト言語のサポートを考慮したサンプルが追加されています。 COMインターフェイスを使用すると、UDEをスクリプトで完全に制御し、自動テストを設定するだけでなく、サードパーティのツールを緊密に連携させることができ、効率的で堅牢で迅速なターゲットアクセスが可能になります。効率的でユーザーフレンドリーなマルチコア・デバッグのために特別に設計されたUDE 4.8ユーザー・インターフェースの他に、利用可能なEclipse開発環境についての独自の視点もあり、完全なクロス・デバッガー機能も提供します。

UDE 4.8は、Infineon社のAURIX TC39、ルネサス社のRH850ファミリ、STMicroelectronics社のSPC58NEなどの最新デバイスを含む最新のハイエンド・マルチコア・マイクロコントローラをフルサポートしています。

ポジティブワンでは、インサーキットエミュレータ以外のパッケージとして、Taskingコンパイラ、Cosmicコンパイラ、Somnium Drt(商用GCCコンパイラ)を合わせて販売が可能です。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL リンク

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。