logo

地域に特化したクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」、新たな資金調達手法として実行確約型「オール・イン方式」を導入、プロジェクト募集を開始

株式会社サーチフィールド 2017年06月01日 13時00分
From ValuePress!

クリエイター支援事業を手がける株式会社サーチフィールドが運営する、地域に特化したクラウドファンディングサイト「FAAVO)(ファーボ)」は、2017年6月1日(木)より、新たな資金調達方式である「オール・イン方式」を導入します。同方式は、「実行確約型」とも呼ばれ、実行が確約されているプロジェクトにのみ適用する方式です。導入と同時に1号案件がスタート。以後同方式を希望される起案者によるプロジェクトを全国より募集します。

クリエイター支援事業を手掛ける、株式会社サーチフィールド(以下、当社)は、当社が運営する地域に特化したクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」において新たな資金調達手法として「オール・イン方式」を2017年6月1日(木)より導入します。

■地域に特化したクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」
リンク

【導入背景】
これまで地域に紐付いたお祭りやフェス・イベント等、実行が決まっているプロジェクトでその内容をグレードアップしたい場合、現行の「オール・オア・ナッシング方式」ではそのニーズに応えることができませんでした。
これまでのプロジェクトだけではなく、上記のようなプロジェクトのアイデアを持ち込まれる方々の要望も多数あったため、導入をいたしました。

【オール・イン方式について】
実行することが決まっているプロジェクトに対して、集まった支援分をお渡しする方式です。
「実行確約型」とも言われ、目標金額の達成・未達成に関わらず集まった支援金は起案者にお渡ししますが、必ず掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があります。

審査時やエリアによってプロジェクトの内容によって利用できない場合もあります。地元のお祭りやフェスイベント、すでに生産開始している地元の新しい名産品の拡販など、すでに実行が確約されており、集まる金額に関わらず実行が可能なプロジェクトなどに適した形式です。

<3つの特長>
1:任意の期間内に集まった支援分を受け取れる

任意のプロジェクト期間が終了し、期間中に最終的に集まった支援金から手数料(20%※エリアによって異なる場合あり。事務手数料込み。)を除いた額をプロジェクト起案者にお渡しします。

2:地元のお祭等、実行が決まっているプロジェクトのコンテンツ追加等、さらなる盛り上げに貢献
定期的に開催が決まっている地域のお祭りや、フェスイベント等、それらイベントの質的な強化のための資金を募ることが可能になります。それにより、新たな来場者の獲得や、これまで挑戦がしにくかった企画にも挑戦することが可能です。

3:地域の新しい名産品などの拡販に向けたテストマーケティングに活用可能
すでに製造が決定している地元の名産品の販路を広げるために、事前にクラウドファンディングで販売を行い、実績をつくるといった活用も可能になります。また、プロジェクト実施によって、ファンの獲得、コミュニティ形成にも役立てることができます。


【導入に合わせて1号案件が開始】
『九州産100%乾燥野菜『九州ドライベジ』の時短レシピ集を発行したい!』-FAAVO宮崎
リンク

宮崎県に拠点を置き、九州産野菜や果物を使用した加工食品をweb販売するsunao831(スナオヤサイ)によるプロジェクト。

九州産のキャベツや海藻などを特殊製法で乾燥させた人気商品"ドライベジ"の地域ブランドイメージを強化するべく、FAAVOにてレシピ本制作のためのクラウドファンディングを行います。2016年12月に開始したばかりのsunao831の県内外認知度の向上、また"ドライベジ"の利点である安心・時短・災害時利用についてのプロモーションも兼ねており、FAAVOでの新規顧客開拓を目指します。 リターン品は1,000円~50,000円まで7コース用意。公開期間は2017年6月1日~7月21日。

<参考>九州の野菜不足サポート専門店sunao831 リンク


【FAAVOが大事にしたいこと、今後の展望】
FAAVOは、起案者が地域のために実現したいことに、周りの助けを得ながら挑戦し、自ら成し遂げることが大事だと考えています。
今回、「オール・オア・ナッシング方式」と「オール・イン方式」の2つの選択肢を設けることは、プラットフォームとして起案者の多様なアイデアを実現するために必要な環境整備の一環です。
今後もまちづくりのプラットフォームとして、地域活性化に取り組まれている方々にとってより使いやすいプラットフォームを目指します。

【FAAVOとは】
FAAVOは「地域・地方」に特化した購入型クラウドファンディングのプラットフォームです。最大の特徴は「FAAVO宮崎」のように、エリア別でサイトを運営しており、「まちで一番身近なクラウドファンディング」として現在67エリアにてサイト立ち上げ、約170の自治体、金融機関、民間企業・団体と連携してサービスを提供しています。

地域活性化につながるプロジェクトに特化し、これまで約1,200件のプロジェクトを手がけ、平成29年1月〜3月のプロジェクト達成率は現地力のあるサポートにより73.3%となっています。

■ 会社概要
社名:株式会社サーチフィールド ( リンク
所在地:東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3F
代表者:代表取締役社長 小林琢磨
設立:2008年7月28日
事業内容:
・地域×クラウドファンディング「FAAVO」の運営
・ふるさと納税サイト「F×G(エフバイジー)」の運営
・イラストに特化したクラウドソーシング「ギクタス」の運営

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。