logo

【三菱電機】ファイバーレーザー加工機「eX-F D-CUBES シリーズ」新発売

新型制御装置「D-CUBES」搭載により、生産性・作業効率をさらに向上

三菱電機株式会社は、ファイバー二次元レーザー加工機のグローバル戦略機種「eX-F シリーズ」の新シリーズとして、新型制御装置「D-CUBES(ディーキューブ)」の搭載により生産性・作業効率をさらに向上した「eX-F D-CUBES シリーズ」3 機種を 6 月 1 日に発売しました。



[画像: リンク ]

▼新製品の特長
1.新型制御装置「D-CUBES」により、生産性をさらに向上
・サーボモーターの応答を予測する独自の新軌跡制御技術により、軌跡精度を維持したまま加工速度を高速化し、薄板加工時間を最大26%短縮※1
・独自の新トレース制御技術により Z 軸の追従性を向上し、最大加工速度 10%向上※2
※1 当社ファイバー二次元レーザー加工機の従来機で当社指定形状を加工した場合の比較
※2 当社ファイバー二次元レーザー加工機の従来機でステンレス 1mm を加工した場合の比較

2.AR(拡張現実)と新型制御装置「D-CUBES」により、作業効率を向上
・加工機内を加工テーブル真上から俯瞰した画像で表示する独自の AR 新技術「MEL’S AR」(オプション)により、端材を使った加工の段取り時間を大幅削減※3
・19 インチ大画面タッチスクリーンとチルト構造の採用に加えて、操作スイッチを最小限とすることにより、オペレーターの操作性を向上
・オペレーターのスタイルにあわせたホーム画面の変更により、画面遷移回数を最大 90%削減
※3 「MEL'S AR」非使用時との比較

3.8kW 出力レーザー発振器の搭載により、加工能力の向上と省エネを実現
・軟鋼 9mm 厚の加工速度を 1.4 倍に高速化※1 することで加工時間を 19%短縮※4 するとともにランニングコストを 18%削減※5
・高出力レーザーと当社独自の加工ヘッド「ズームヘッド」によるビーム品質の最適化により、 加工面粗度を従来比 43%改善※1
※4 当社ファイバー二次元レーザー加工機「ML3015eX-F60」との比較
※5 当社ファイバー二次元レーザー加工機「ML3015eX-F60」で軟鋼 9mm を窒素切断した場合との比較

▼発売の概要
・製品名:eX-F シリーズ
・形名/レーザー発振器出力:ML3015eX-F40(4kW)、ML3015eX-F60(6kW)、ML3015eX-F80(8kW)
・制御装置:D-CUBES
・生産台数:年間 100 台

▼発売の狙い
 二次元レーザー加工機は、自動車・建設機械・鋼材業・電気機器などの多様な生産現場において板金部品の切断に使用されています。近年、市場からは加工時間の短縮化などさらなる生産性の向上と、段取り時間の削減やオペレーターの操作性向上など作業効率が求められています。
 当社は今回、グローバル戦略機種「eX-F シリーズ」に新型制御装置「D-CUBES」を搭載した 「eX-F D-CUBES シリーズ」3 機種を発売します。加工時間の短縮により、さらなる生産性と作業効率の向上に貢献します。

▼関連リンク
ファイバーレーザー加工機「eX-F D-CUBES シリーズ」詳細ページ(三菱電機FAサイト)
リンク

三菱電機レーザ加工機 製品情報TOP (三菱電機FAサイト)
リンク

三菱電機FAサイト TOP
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。