logo

定額制企業研修サービス『ベネアカデミー』 社員教育を「いつでも、どこでも、何度でも」 eラーニング6月1日開始

パソナグループの株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 白石徳生)は、企業向け研修事業に参入し、「eラーニング」と「対面研修」が学び放題となる定額制企業研修サービス『BeneAcademy(以下、ベネアカデミー)』を、6月1日より提供してまいります。



昨今、様々な企業で働き方改革が進められる中、「優秀な人材を囲い込みたい」「従業員の健康サポートを拡充させたい」「研修制度を充実させたい」など、従業員の福利厚生制度を充実させる企業が増加しています。現在ベネフィット・ワンは、国内7,448の企業・団体、会員約760万人(2017年4月時点)に対して、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約120万件のサービスを優待価格で利用することができる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しており、企業規模を問わず誰もが利用できる福利厚生を提供し、労働生産性の向上をサポートしています。

そこでこの度、ベネフィット・ワンは、企業向け教育研修サービスを開始し、企業規模や立地に応じて異なる企業の教育格差を解消し、誰もが気軽に、多様な研修が受けられる『ベネアカデミー』を6月1日から提供してまいります。

『ベネアカデミー』は、企業の従業員規模に応じて定額制企業研修サービスとして提供し、契約企業の従業員は自分のライフスタイルに応じて「いつでも、どこでも、何度でも」講座を受講することができます。講座は内定者・新入社員向けの基本コンテンツから、MBAレベルの管理職・経営者向けコンテンツまで、52カテゴリー661講座を用意し、1講座あたり平均10分でスマートフォン等のデバイスを通じて受講することが可能です。

今年10月からは平日毎日「対面研修」を開催し、企業経営者や専門家を講師に招いて、ロジカルシンキングやマネジメントスキルなど18分野50テーマの対面研修を東京で開催してまいります。対面研修は、eラーニングと同様にデバイス端末を通じてライブ中継で受講することができます。

また、契約企業の管理者は、専用サイトを通じて部署・個人ごとのログイン情報・アクセス回数・学習状況・テスト成績結果等を管理分析することができるので、社員ひとり一人の強みや克服すべき点を把握することが可能です。

<『ベネアカデミー』利用イメージ>
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


■『BeneAcademy(ベネアカデミー)』概要

開始: 6月1日(対面研修は10月開始予定)
料金: 従業員一人あたり月額500円(税抜)、初期費用3万円 (※月額料金は従業員の人数により変わります)
内容:「eラーニング」と「対面研修」による「いつでも、どこでも、何度でも」学ぶことができる定額制の企業研修サービス

【eラーニング特徴】
・全52カテゴリー661講座を用意
内定者・新入社員から管理職・経営者向けコンテンツまで用意。一部講座を除き、無料でテキストをダウンロードできる
・「eラーニング+テスト形式」を採用
1講座平均10分。スマートフォン等のデバイス端末から受講可能
・オプション(個別講座と専門講座)
企業独自の研修用教材もeラーニングに取り込むことが可能。国家資格などの専門分野講座も約300講座用意
・講座例)
[内定者・新人向け] 身だしなみ/話し方・敬語/応対・応接/電話応対/ビジネス会議 等
[若手・中堅向け] PDCA・目標設定・行動管理/ロジカルライティング/会社の数字・経営学 等
[リーダー・管理職向け] チームマネジメント・コミュニケーション/プロジェクトマネジメント入門 等
[管理職・経営者向け] ビジョンメイキング/マーケティング戦略/経営分析 等

【対面研修特徴】
・2017年10月以降、東京で開催予定。順次全国各地で展開予定
・経営者・専門家等を講師に招き、経験に基づいた実践的な研修を実施。
・18分野50テーマを用意。土日祝日を除く平日毎日開催予定。
・eラーニングと同様にデバイス端末を通じて受講が可能
・講義例)
異業種3社を経営する社長が教える、心理学を使ったロジカルシンキング
半年でTOEIC500点アップした日本最高クラスの同時通訳者による英語勉強法 等

【管理者(企業担当者)向け特徴】
・受講者をグルーピングすることで、メンバーの学習状況(学習内容、テスト成績・結果)をリアルタイムに把握可能
・学習状況はオンラインレポートとして自動更新。レポート結果はいつでもワンタッチで最新情報を確認できる

利用方法:
(1)専用サイトにアクセス後、ログイン
(2)ログイン後、下記3パターンより選択肢、好きな項目を受講
・eラーニングの受講
・公開研修をライブ配信で受講
・過去の公開研修を視聴

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事