logo

Cambium Networksが最新の屋内・屋外用Wi-FiソリューションをInterop Tokyoで展示

Cambium Networks 2017年06月01日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

Cambium Networksが最新の屋内・屋外用Wi-FiソリューションをInterop Tokyoで展示

AsiaNet 68735 (0794)

【ローリングメドーズ(米イリノイ州)2017年6月1日PR Newswire=共同通信JBN】
*最新の802.11ac Wave 2 Wi-Fi製品および高度な管理機能は、手ごろな価格のパッケージで高容量、迅速インストールを提供

無線ネットワーキング・ソリューションで世界をリードするCambium Networks(リンク )は6月7-9日に幕張メッセで開催されるInterop Tokyoで、同社のcnPilot(TM)(リンク )Wi-Fi製品向けの最新かつ包括的な802.11ac Wave 2 Access Point (AP)、ソフトウエア機能、管理機能を展示する。屋内用および屋外用のAPは、クラウドコントローラー機能を含む高速アクセスを提供し、エンタープライズおよびサービスプロバイダーがこれまでよりも極めて手ごろな価格でWi-Fi接続を拡大することを容易にする。

Logo - リンク

Cambium Networksのアトゥール・バトナガル社長兼最高経営責任者(CEO)は「この802.11ac cnPilot Wi-Fiソリューションは、世界の学校、ホテル、小売店、イベント会場、パブリックWi-Fiネットワークで実証済みである。日本はcnPilotの重要な市場である。われわれは当社の世界クラスのcnPilot Wi-Fi製品を市場提供し、販売し、サポートする厳選されたチャンネル・パートナーを探しており、当社の手ごろな価格で高品質なcnPilotソリューションは品質を特に重視する日本市場に最適である」と語った。

オーストラリアの大手システムインテグレーターSouthern Reworkのゼネラルマネジャーであるブルース・マグレガー氏は「われわれは、cnMaestro(リンク )管理システムが管理するePMP(リンク )配信ネットワークを装備するcnPilot E400エンタープライズWi-Fi屋内用(リンク )モジュールとE500エンタープライズWi-Fi屋外用(リンク )モジュールを推奨する。このテクノロジーパッケージは信頼性とコスト効率が実証されており、現在はオーストラリア東部海岸地域の50カ所以上の企業および法人顧客に導入されている」と語った。

Cambium Networksはこのほど、PTP 650ポイントツーポイント無線バックホール・リンク(リンク )によって、日本市場への参入に成功した。PTP 650は、世界中のティア1ネットワークオペレーターがネットワークを遠隔地点まで拡大する際に使用する業界をリードするサブ6GHzポイントツーポイント無線Ethernetブリッジである。PTP 650は最大450 Mbpsをサポートし、最大245キロまでの距離をブリッジ接続することができ、IEEE 1588 v2、Ethernet、Dynamic Spectrum Optimization(DSO)などの高度な機能も内蔵しており、スループットおよびスペクトル効率で業界の賞を獲得してきた。

日本のハイテクインターの無線システム部門マネジャーであるマツイ・ヒトシ氏は「われわれは、多数の離島と日本本土を結ぶ無線バックホールとしてPTP 650をティア1ネットワークオペレーターに提供してきた。PTP 650を採用することによって、われわれは長距離リンクのスループットをこれまでよりも大幅に増大することができる一方、空間的多様性を備える堅ろうな接続を確保することも可能になった。われわれはこれが最高のソリューションであると確信し、日本中に同様のアプリケーションを展開していく計画である」と語った。

▽コスト効率に優れた信頼できるWi-Fi性能
Cambium NetworksのcnPilot屋内用および屋外用802.11ac Wi-Fiソリューションはずば抜けた高性能および節約を提供する。20のAPないしはそれ以上のエンタープライズ・アプリケーションでは、オペレーターは他の高品質ブランドよりも50%少ない装備でサービス提供が可能となる。

▽ハードウエア
*E410(リンク )-屋内用エンタープライズ2x2 802.11ac Wave 2デュアルバンド・アクセスポイント
*E600(リンク )-屋内用エンタープライズ4x4 802.11ac Wave 2デュアルバンド・アクセスポイント。Bluetooth、USB、デュアルGigabit Ethernetポートを装備
*E501S(リンク )-屋外用802.11ac IP67エンタープライズWi-Fi。セクターアンテナを内蔵
*R190(リンク )-ISPマネージド住宅Wi-Fi-向けの802.11n屋内住宅・小企業用シングルバンド・ルーター

▽管理ソフトウエア
*cnMaestro (リンク )Managed Service Provider(MSP)-コンフィグレーション、アップグレード、モニタリングプロセスを簡略化し、MSP対応のフリクションレス・オペレーションのためにエンタープライズ・マネージドサービス事業を拡大

▽フリクションレス適応アーキテクチャー
Cambium独自の適応アーキテクチャーはコントローラー・マネージドネットワークを展開するための3つの柔軟な方法を提供する。
1.クラウドコントローラー
2.ローカルコントローラー
3.最新のautoPilot自動管理オプション

Cambium Networksのビブ・ビベク上級副社長(製品担当)は「autoPilotはコントローラーの展開を容易かつ安価にする。autoPilotによって、Wi-Fi APはコントローラーになり、32のAPないしは1000のクライアントをサポートできる。このソリューションはライセンスが必要なく、経常費用も発生しないが、必要な際にはクラウドあるいはローカルコントローラー・ソリューションに移行できるオプションによってWi-Fiネットワーク管理者に投資保護を提供する」と語った。

▽Interop TokyoでのCambium Networks
Cambium Networksの展示はブース5C-01。カンファレンスでのミーティング予約はウェブサイトリンク を参照。

▽Interopについて
Interopは最も包括的なITカンファレンスおよびエクスポを提供する世界的なビジネステクノロジーのリーディングイベントである。ビジネスおよびテクノロジーのリーダーはInteropに参加し、主要なテクノロジーの最新情報を入手し、最新のトレンドを学び、リーディングベンダーと会うことができる。14万以上のテクノロジーおよびビジネスのリーダーがInterop Tokyoに参加する予定。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々、地域、モノを接続する信頼できる無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性があり、スケーラブルかつ安定した無線ナローバンド、ブロードバンド・プラットフォームの広範なポートフォリオを通じ、あらゆるサービスプロバイダー、産業、エンタープライズ、政府のネットワークオペレーターが手ごろな価格で信頼できる高性能コネクティビティーを構築することを可能にする。同社は現在、600万以上の無線通信を150カ国以上の要求の厳しい数千のネットワークで展開している。Cambium Networksは米シカゴ郊外に本社があり、米国、英国、インドにR&Dセンターを持っており、信頼できる世界の一連の流通業者を通じて販売している。

詳しい情報はwww.cambiumnetworks.comを参照。

▽メディア問い合わせ先
Sara Black
213-618-1501
sara@bospar.com

ソース:Cambium Networks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事