logo

ロボアドバイザーでお任せ資産運用 THEO [テオ]THEO+ 武蔵野銀行サービス開始

株式会社お金のデザイン 2017年05月31日 15時00分
From PR TIMES

武蔵野銀行アプリとの連携でTHEO+がもっと便利に

独自のアルゴリズムに基づき、一人ひとりに最適な資産運用サービスを低コストで提供する株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁)は、2017年5月31日より株式会社 武蔵野銀行(本社:埼玉県さいたま市、取締役頭取:加藤 喜久雄)のお客さま向けに「THEO+ [テオプラス]」のご提供を開始いたしました。
武蔵野銀行ホームページ(リンク)、THEO+ 武蔵野銀行特設サイト(リンク)、または武蔵野銀行アプリからお申込みいただけます。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


■サービス名
THEO+[テオプラス]武蔵野銀行   リンク


■THEO+[テオプラス]のサービス概要
THEO+は、THEOをより多くのユーザーの方にご利用いただくために開発されたサービスです。
THEO+ 武蔵野銀行では、証券口座への入金先口座に、各銀行の専用口座をご用意いただいています。武蔵野銀行の各銀行口座からTHEO+ への入金は、振込手数料が無料※となりますので、各銀行に口座をお持ちのユーザーは、より手軽にTHEO+ を始めることができます。
※武蔵野銀行インターネット・モバイルバンキングでのお振込みの際の振込手数料は無料です。


■THEOについて
THEO は、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービスです。5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが、世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)の中から、最適な組み合わせを提案し、運用します。10万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチです。20代・30代を中心に利用が広がっています。


■THEOの名前の由来について
画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの弟、テオドール・ヴァン・ゴッホから名付けられました。生前、絵が一枚しか売れなかったゴッホを経済的に支え、励まし続けたのがテオでした。テクノロジーによって、わかりづらい金融の仕組みを解放し、お金を将来の不安から希望に変えることで、自分らしく挑戦していける人を応援したい、そんな想いからTHEOと名付けられました。


■株式会社お金のデザインについて
名称    株式会社お金のデザイン(MONEY DESIGN Co.,Ltd)
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
所在地   〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1階
代表者   代表取締役社長  中村 仁
事業内容  投資運用業および投資助言・代理業、第一種金融商品取引業
加入協会  一般社団法人日本投資顧問業協会、日本証券業協会、一般社団法人投資信託協会
URL    リンク
設立年月日 2013年8月1日
資本金 / 資本準備金 100,000,000円 / 3,253,818,989円(2017年3月11日現在)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。