logo

ミスターフュージョン、ダブルエルと資本業務提携を締結

株式会社ミスターフュージョン 2017年05月31日 11時39分
From PR TIMES

同社代表の保手濱彰人氏が社外取締役に就任するとともに、株式公開を見据えM&Aを積極的に活用へ

「全ての人に創る力を」の理念の元、インターネット技術を全国の個人・企業に導入している株式会社ミスターフュージョン(所在地:東京都港区、代表取締役:石嶋洋平、以下ミスターフュージョン)は、株式会社ダブルエル(所在地:東京都品川区、代表取締役:保手濱彰人、以下ダブルエル)との資本業務提携を決定しましたので、お知らせいたします。
今回の資本業務提携では、両社が第三者割当増資による新株式を発行、その一部ずつを両社が取得いたします。また同時にミスターフュージョンは、他数社を引受先とする第三者割当増資も実施し、総額約9億円の資金調達を実施いたします。





資本業務提携の背景

ミスターフュージョンは、同社が長年培ったプログラミングやウェブマーケティングの技術を活かして、テクノロジーで日本中の企業や個人に「創る力」を提供する事業を行っております。
これまでも、この技術を応用することでシナジーを生む企業を中心に、複数社の買収を行って参りました。
一方、ダブルエルは、日本文化を世界に発信する事業を推進する中で、様々な優良企業とのネットワークを構築してきました。この度の提携は、両社が手を取り合うことでより効果的にM&Aを推進することが可能になると判断し、合意したものです。

ダブルエルの狙い

ダブルエルは、日本のマンガ業界において培った幅広いノウハウを元に、「マンガ」を様々な業界に活用する事業を行っています。今回の資本業務提携を元に、ミスターフュージョンのクライアントに「マンガ広告」を導入していくとともに、クラシックミュージックをマンガに転用していく「クラシックミュージック×マンガIP」の事業も開始いたします。

今後の展開

ミスターフュージョンは、ダブルエルの保有する優良企業ネットワークを活用し、テクノロジーを活かして企業をバリューアップするM&Aを更に推進して参ります。そのために、株式公開も含めた様々な資金調達方法を組み合わせ、積極的な企業買収を行っていく予定です。
[画像: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事