logo

ハイランドソフトウェアが、 ビジネス向けのファイル共有クラウドサービス「ShareBase」提供開始

ハイランドソフトウェア (Hyland Software, Inc.) 2017年05月31日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

ハイランドソフトウェアが、 ビジネス向けのファイル共有クラウドサービス「ShareBase」提供開始

AsiaNet 68712

[Press Release]
2017年5月31日
Hyland Software, Inc.

 Hyland Software, Inc. (以下、ハイランド)(最高経営責任者兼社長: ビル・プリマー、本社: 米国オハイオ州)は、5月31日、日本市場においてビジネス向けのファイル共有クラウドサービス「ShareBase」の販売を開始いたします。
 
「ShareBase」は、組織内外のユーザーと安全にファイルを共有できるプラットフォームで、ハイランドクラウドでホスティングされます。ウェブ上だけでなく、あらゆるモバイルからアクセス、またローカルのフォルダとも同期ができ、共同作業をより速く、効率良く行うことができます。「ShareBase」は、ハイランドのエンタープライズコンテンツマネジメント製品「OnBase」と連携し、業務ワークフローからの自動ファイル共有を実現し、更なる利便性を提供します。

ロゴ: リンク

<本製品の特長> 
1. 会社がすべてのファイルをコントロール
 1) ShareBaseのユーザーアカウントは会社のEメールアドレスを使用しますので、会社は、各ユーザーが誰とどのファイルを共有しているか管理できます。ユーザーの退職や、組織変更による異動の際には、権限の取り消し、ファイルの移行ができ、不正なアクセス、ダウンロード、共有といったリスクを軽減します。
 2) ユーザーは、誰にどのコンテンツを閲覧させるか、どの権限を付与するか、有効期限、パスワード設定など、フォルダレベルから個々の文書のレベルまで詳細に設定でき、利便性とセキュリティを両立し、ストレスなく情報共有ができます。

2. 10年以上の実績を持つハイランドクラウドで展開
 1) 世界数拠点に配置されたデータセンターで、コンテンツ管理専用に設計された10年以上の実績を持つハイランドクラウドで展開されます。
 2) すべてのファイルや文書は、お客様のシステム毎に256-bit AES Keyを使用し、固有のキーで暗号化しています。また、他社のデータと混同されることなく保存されます。

3. エンタープライズコンテンツマネジメント製品「OnBase」と連携
 1) 業務フローを通して、自動的にフォルダを作成して該当ファイルを外部ユーザーと共有したり、外部ユーザーが共有したファイルをOnBase内に登録したりできます。ShareBaseがOnBaseと連動することで、さらにソリューションを拡張し、生産性アップに繋がります。

<販売価格>
 月当たりのユーザー数に応じたサブスクリプション価格で、ストーレジ容量に応じた段階的な価格設定はありません。詳しくは、ハイランド、またはパートナー企業へお問い合わせください。

<関連リンク>
 「ShareBase」ウェブサイト (リンク )

<お客様お問い合わせ先>
 ハイランドソフトウェア 営業 金井
 【電話】 03-6809-3618
 【住所】〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-18
 【Email】 sharebase@hyland.com

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。