logo

お酒とアルコールチェッカーをセットにした父の日向けギフトを「かがた屋酒店」で限定発売

株式会社タニタ 2017年05月30日 14時30分
From 共同通信PRワイヤー

5月30日

株式会社タニタ

「お父さんが大好きなお酒を贈ります。でも、飲み過ぎには気をつけて」
お酒とアルコールチェッカーをセットにした父の日向け親孝行ギフト
「地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店」で限定発売

健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は「地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店」(東京都品川区小山5-19-15)を運営する有限会社利田屋酒店(同、社長・直井孝雄)とコラボレーションし、6月18日の父の日向けギフトセットを発売します。「かがた屋酒店」が厳選したこだわりの日本酒や焼酎に、飲み過ぎの目安を把握できるタニタのアルコールチェッカー「EA-100」を組み合わせたもので、お父さんが好きなお酒を贈りながら、健康を気遣う気持ちを伝えられる「親孝行ギフト」です。ラインアップは 日本酒「醸し人九平次 別誂 純米大吟醸720ml(愛知県・萬乗醸造)」セット(税別9000円、限定50セット)、 日本酒「醸し人九平次 voyage 純米吟醸720ml(同)」セット(税別6500円、限定50セット)、芋焼酎「天使の誘惑720ml(鹿児島県・西酒造)」セット(税別7800円、限定100セット)の3種類で、計200セットの数量限定商品です。「かがた屋酒店」と同店のオンラインショップ「かがた夜酒店」で、5月30日から6月18日まで販売します。

日本酒や焼酎などの酒類は父の日ギフトの定番となっており、百貨店等のギフトランキングにおいても上位に入る人気商品です。一方で、プレゼントを贈る生活者からは「お父さんが大好きなお酒をプレゼントしたいけど、飲み過ぎや健康が心配」という声が挙がっています。「EA-100」は、息を吹きかけるだけで簡単に酔いの状態を把握でき、健康的な飲酒に役立てることができる「親孝行家電」です。この特徴を生かし、日本酒や焼酎と「EA-100」を組み合わせ、贈り手の「ずっと健康で、いつまでもお酒を楽しんでほしい」という気持ちを伝えられる「親孝行ギフト」を共同で企画しました。

健康に悪影響を及ぼすのは「お酒そのもの」ではなく、飲む人自身の「飲み方」や「飲む量」です。今回のギフトセットは、かがた屋酒店とタニタの商品やノウハウを組み合わせ、美味しく、健康的なお酒の楽しみ方を提案します。セットには、酔いの具合をチェックしながら、気持ち良くお酒を楽しむコツを分かりやすく解説したミニテキストを同梱。アルコールチェッカーを活用して飲み過ぎや二日酔いを防ぐ「健康飲酒」の習慣を身に付けることにより、結果として長い期間に渡ってお酒を楽しむことができます。
飲酒を抑制するアルコールチェッカーは、ある意味では日本酒や焼酎をはじめとする酒類の対極にある商品です。本ギフトセットは、一見すると酒類の消費を抑制する組み合わせにも見えます。しかし、「健康飲酒」を心掛けることで愛好家の健康寿命が延びれば、一生の間にお酒を楽しめる期間は長くなり、結果的にはトータルの消費量の増加につながります。今回の取り組みをきっかけに、酒販店におけるアルコールチェッカーの販売を拡大させ、業界全体で「健康飲酒」への意識を高めていきたいと考えています。タニタでは、今後もさまざまな業種・業態のパートナーと連携し、多様化する消費者の健康ニーズに応える魅力的な商品づくりに取り組んでいく方針です。

■「地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店」について
1928(昭和3)年創業の地酒に特化した専門酒店。「売れるものを売るのではなく、売りたいものを売る」「酒を売るのではなく、酒のあるライフスタイルを提供する」という方針で、厳選した日本酒、焼酎、日本ワイン、和リキュールを販売しています。地域密着の実店舗を経営の根幹としており、実店舗の営業中はオンラインショップでの販売を行っていません。

【地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店】
・住所:東京都品川区小山5-19-15 (東急目黒線西小山駅より徒歩3分)
・営業時間:10:00-20:00
・定休日:水曜日

【かがた夜酒店(オンラインショップ)】
・URL:リンク
・営業時間:20:00~翌10:00、水曜終日

■アルコールチェッカー「EA-100」について
息を吹きかけるだけで手軽に呼気中のアルコール濃度をはかれ、自身の酔いの状態が分かります。飲酒時や翌朝などに測定することで、一人ひとり個人差のある酔いの状態や適切な飲酒量を客観的に把握でき、健康的な飲酒や飲酒エチケットの向上に役立てることができます。2017年2月1日発売。価格はオープン。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事