logo

リーガルテックのゴールドアイピー、医工連携を推進する日本医工研究所と業務提携

株式会社ゴールドアイピー 2017年05月29日 16時08分
From PR TIMES



Press Release
2017 年 5月 29日
株式会社ゴールドアイピー

リーガルテックのゴールドアイピー、医工連携を推進する日本医工研究所と業務提携
~AIを活用した知的財産コンサルティング事業をヘルスケア・医療へ拡大~

リーガルテックを用いた知的財産関連IT企業の株式会社ゴールドアイピー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白坂一、以下「ゴールドアイピー」)は医療機器産業の発展へ貢献するために、
全国的に医工連携*2を推進する株式会社日本医工研究所(本社:東京都文京区、代表取締役:寺尾章 以下「医工研」)と4月25日(火)、業務提携を締結しましたのでお知らせ致します。

 ゴールドアイピーは「日本発のイノベーションを届けよう世界へ!」という信念をもって、発明者による海外での知的財産の取得のほか、人工知能を用いた知的財産の活用サポートの提案を行っております。この度、業務提携をいたします医工研は、異業種から医療機器産業への参入、医療機器メーカーの新事業立ち上げの場を提供しております。医療機器メーカーやディーラー、ものづくり企業、医療機関および研究機関をつなぎ、有機的な連携を促進しております。

 ヘルスケア・医療分野の企業による知財管理や海外進出を支援する目的において、両社の事業の方向性が一致し、相乗効果を期待できるものと考え、業務提携に至りました。
 
 
[画像: リンク ]



【業務提携について】
この度の業務提携により、国内外における特許出願・リサーチなどIP管理業務が必要な企業と海外へのサポートを実施。特許出願・管理をはじめ、海外への進出まで一貫したサービスをご提供いたします。

*1:リーガルテックとは、リーガルとテクノロジーを組み合わせた造語で、IT(情報技術)を利用した法律関連サービスやシステムの総称です。

*2:医工連携は、医療の「医」と、工学などものづくり技術の「工」の連携により、新たな医療機器やヘルスケア製品の創出を目指すフレームワークです。臨床現場のニーズから、薬機法の対応や市場性を見極める医療機器メーカーと工学部やものづくり企業など複数の組織が連携して共同開発に取り組みます。

【株式会社ゴールドアイピーについて】
ゴールドアイピーは2017年3月3日(金)に(※1)未来創生ファンド(スパークス・グループ株式会社を運営者とし、トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行を主要投資家とする 17 社の出資で運用)、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社および三生キャピタル株式会社から、1億2,800万円の資金を調達。今後、海外への特許出願を望む企業と、海外の弁護士・弁理士を直接結びつける日本初のコミュニケーションサービス「アイピーダイレクト」の開発・提供、人工知能(AI)を用いた知財価値評価システムのサービスの提供、AIを搭載した法律ロボット「リーガロボ」の提供を加速させて参ります。

◆株式会社ゴールドアイピー
代表取締役社長 :白坂 一   
会社設立    :2015年9月11日
所在地     :東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディングEGG JAPAN
事業内容    :知的財産関連IT・分析サービスの提供
URL      :リンク

◆株式会社日本医工研究所について
日本医工研究所は、国内で最も医療機器の製販・ディーラーが集積する本郷に拠点を置き、全国的に医工連携推進事業を展開しています。異業種のものづくり企業が医療機器産業に参入する支援、医療機関がかかえるニーズを医療機メーカーやものづくり企業が吸い上げ、製品化をめざすきっかけづくりなど、さまざまな場を提供し、出口を見据えた共同開発をサポートしています。

代表取締役   :寺尾 章 
事業開始    :2015年3月1日
所在地     :東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷1階
事業内容    : (1) 健康・医療分野における技術・製品・情報システム開発の促進
(2) 健康・医療分野における販路開拓・拡大の促進
(3) 健康・医療分野における関係主体のマッチング・連携の促進
(4) 健康・医療分野におけるイベントの企画・運営
(5) 健康・医療分野における調査・研究
URL      :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事